クリニックブログ

2019.01.22更新

1月21日サワダデースにインフルエンザについて出演させていただきましたので、ご報告させて頂きます。

 

「家族を守れ!意外と知らないインフルエンザ対策」

お話させて頂いたポイントは

・現在インフルエンザA型が猛威を奮っていますが、その後落ち着いたと思ったらインフルエンザB型が流行することが多いです。

 B型はA型と比べて、熱が高くならずに、腹痛や下痢などのお腹の症状が目立つことです。感染力はA型もB型も変わりありませんので、いつもと違うかな?と思ったら病院受診をおすすめします。

・帰ってきたら、まず手洗い・うがい?

 洋服にもインフルエンザウイルスが付着していますので、まずは上着を着替えてから手洗いやうがいをされることをおすすめします。

 また、タオルにインフルエンザウイルスが付着していることがありますので、この時期だけでもペーパータオルなどで使い捨てを使用されることをおすすめします。

・インフルエンザにはうがいが有効?

 インフルエンザウイルスは20分ほどで粘膜へ侵入してしまうとされていますので、うがいの有効性は現在ないとされています。

 うがいをするよりはお茶や紅茶をこまめに摂取されることが予防に良いとされています。

 予防とすれば、歯磨きはインフルエンザウイルスを繁殖される口腔内のよごれを落としますので、食後だけではなく、起床時や帰宅時にもされることをおすすめします。

 *うがいは風邪の予防にはなりますので、手洗いと一緒にされることをおすすめします。

・咳やくしゃみが出そうなときはどうする?

 マスクやハンカチなどで押さえる事がよいですが、ない場合に手で押さえるのは控えて下さい。

 手で抑えますと、手にウイルスが付着することがありますので、袖口などにされるのをおすすめします。

 これは「咳エチケット」と言って、厚生労働省も推奨していますので、是非使われて下さい。

咳エチケット

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら