クリニックブログ

2020.01.28更新

コロナウイルスとは、人や動物の間で感染を起こすウイルスです。

人に感染を起こすコロナウイルスは従来6種類知られており、そのうち2つは重度の感染症状を引き起こしますが、その他の4種類は通常の風邪などの症状にとどまります。

なお、2つの重度の感染症状を引き起こす2種類は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)と中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)で以前にも流行が認められました。

診断には、核酸増幅法(PCR法など)がありますが、通常の病院やクリニックでは行えません。必要な場合は、医療機関から保健所に届け出後に、衛生研究所または国立感染症研究所で検査が行われますので、ご心配な方はまず保険所へお問い合わせ下さい。

特に、37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状と発症から2週間以内に武漢市内訪問した、あるいは、武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人との接触歴がある方が検査の対象となりえます。

現時点ではコロナウイルスに対する特効薬はありませんが、過剰に心配することなく、これまで通りの手洗いや、うがい、マスク使用などで、感染予防を心がけ、いつもと体調が違うと感じた場合は医療機関や保健所など相談することが大事です。

コロナウイルス 国立感染症研究所より

 

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら