クリニックブログ

2020.03.28更新

パーキンソン病などの神経変性疾患や脳梗塞・脳出血などの脳血管障害により食事の際にむせ込んだりして、誤嚥してしまう事があります。

誤嚥を予防する方法の一つとして、水分にとろみ剤を使用することにより水分の誤嚥を防ぐ事が期待できます。

とろみ剤の使用量により、どの程度とろみがつくのか動画作成行いましたので、参考にされて下さい。

なお、とろみ剤には味や匂いはありません。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら