クリニックブログ

2020.01.28更新

コロナウイルスとは、人や動物の間で感染を起こすウイルスです。

人に感染を起こすコロナウイルスは従来6種類知られており、そのうち2つは重度の感染症状を引き起こしますが、その他の4種類は通常の風邪などの症状にとどまります。

なお、2つの重度の感染症状を引き起こす2種類は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)と中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)で以前にも流行が認められました。

診断には、核酸増幅法(PCR法など)がありますが、通常の病院やクリニックでは行えません。必要な場合は、医療機関から保健所に届け出後に、衛生研究所または国立感染症研究所で検査が行われますので、ご心配な方はまず保険所へお問い合わせ下さい。

特に、37.5度以上の発熱かつ呼吸器症状と発症から2週間以内に武漢市内訪問した、あるいは、武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人との接触歴がある方が検査の対象となりえます。

現時点ではコロナウイルスに対する特効薬はありませんが、過剰に心配することなく、これまで通りの手洗いや、うがい、マスク使用などで、感染予防を心がけ、いつもと体調が違うと感じた場合は医療機関や保健所など相談することが大事です。

コロナウイルス 国立感染症研究所より

 

投稿者: おばた内科クリニック

2020.01.19更新

高尿酸血症の治療は?

 血清尿酸値は痛風関節炎の再発予防を目的として6.0mg/dl以下を目標としますが、5.0mg/dl以下にコントロールすることが、より早期に痛風結節を縮小するのに重要であるとされています。

 なお、無症候性高尿酸血症患者であっても、8.0mg/dl以上から治療開始を考慮します。

 注意点は、尿酸降下薬開始後に痛風関節炎が生じる事があることで、予防のために 尿酸降下薬は低用量からはじめて徐々に増量します。 尿酸値を下げることにより、なぜ痛風発作が惹起されるかは、結晶脱落説が有力とされていますが、明確な理由は分かっていません 。また、コルヒチンカバーと言って、尿酸降下薬開始後に生じる痛風関節炎の予防目的に、コルヒチンを0.5〜1.0mg/日を尿酸降下薬開始後3〜6ヶ月間併用することがあります。

 

痛風関節炎発症時は?

 無治療の場合、最初の3日間の疼痛の強さは変わらず7日後も大半で疼痛が持続すると報告されています。

 アメリカリウマチ学会のガイドラインでは、NSAIDとコルヒチン、あるいは経口グルココルチコイドとコルヒチンの併用を勧めています。

 本邦では、第一選択の薬物治療としてNSAID、ステロイド、コルヒチンのいずれかを用いますが、どの治療で開始するかは定まっていません。

 一方で前兆がある場合はコルヒチンの投与を行うことで発作への移行を抑制できる場合があるとされます。

 痛風関節炎が消失したら、一定の期間をおいてから尿酸降下薬を開始します。

 NSAID:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drug *抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤

  どのNSAIDが有効性に優劣があると結果は出ていませんが、急性痛風関節炎に対してNSAIDは十分量投与する必要があります。

  なお、高用量のアセチルサリチル酸(アスピリンなど)は尿酸排泄促進作用により、血清尿酸値が低下するため急性痛風関節炎には避けるのが望ましいです。

  NSAIDパルス療法;NSAIDを比較的高用量を短期間に限って用いることが有用とされています。

   ナプロキセン(ナイキサン)の場合、300mgを3時間ごとに3回、1日だけ服用します。

   激痛が軽減した後も関節の痛みが持続し、日常生活に支障をきたす場合は、常用量(400〜600mg/日)を継続します。

 コルヒチン

  高用量投与法は副作用の出現頻度が極めて高く、低用量が推奨されます。まずコルヒチン1mg服用し、その1時間後にさらに0.5mg服用します。翌日以降も残存する疼痛に対しては、0.5〜1.0mg/日を服用し、疼痛が改善したら速やかに中止します。

  有効性のエビデンスは発症12時間以内の症例に投与した場合に得られています。

  副作用として消化器症状が多く、頻度は少ないが重篤なものに骨髄抑制、横紋筋融解症、末梢神経障害が報告させています。

 グルココルチコイド

  NSAIDと同等に有効  20〜30mg/日を目安とし、3〜5日間投与すれば良いとされています。

痛風発作

投稿者: おばた内科クリニック

2020.01.05更新

高尿酸血症とは?

 血液中の尿酸の濃度が7.0mg/dlを超えている状態を高尿酸血症と呼びます。 高尿酸血症自体による自覚症状は認めず、健康診断などで偶然指摘されることが多いですが、高尿酸血症が続くと体内の尿酸プールが増加し、関節や腎尿路系に尿酸ナトリウム結晶(MSU)として析出し、関節炎が起こります(痛風関節炎、いわゆる痛風発作)。

 

疫学的特徴

 食生活の欧米化に伴い、わが国の高尿酸血症患者数は年々増加し、2010年ごろには成人男性の20〜25%に高尿酸血症が認められるまで増加しています。 高尿酸血症が認められたら? 高尿酸血症による関節炎が有名ですが、尿酸ナトリウム結晶による腎機能障害や、高血圧やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病や脳・心血管イベントなどの臓器障害の合併との関連を認めるため、症状がない場合でも治療が必要となります。 尿酸値の注意点として、関節炎発症中の尿酸値は発作前より低値となることです。 発作時に尿酸値が正常であっても、これまでの既往や検診結果などから判断することが必要です。 発作時の尿酸値が低値であることの理由としては、痛風発作を起こしている最中は、炎症性物質であるサイトカインの影響で腎臓からの尿酸排泄が亢進しているとされます。

 痛風発作

投稿者: おばた内科クリニック

2019.12.22更新

パーキンソン病の治療はL-ドパ製剤を中心とした薬による薬物療法とリハビリテーションが基本となります。

しかし、病状の進行に伴い、薬の効果が弱まり、薬の投与量が増えることによる副作用が問題となります。

薬の投与量が増えるほど薬の濃度が高く体が動きやすいon時間と、くすりの濃度が低く体が動かしにくいoff時間が出現してきます。

また、薬を服用する前に効果が切れるウェアリングオフ現象や薬の濃度が高くなり勝手に体が動くようなジスキネジアなどの副作用も出現しやすくなります。

そのため、病状が進行してきますと薬の濃度変化をなるべく起こさないように、L-ドパ製剤を少量ずつ頻回に服用する方法が選択される事が多くなります。

現在はこのような薬の服薬調整に加え、デバイス補助療法を用いることにより、これらの問題が軽減されることが期待されています。

主なデバイス補助療法として、①脳に電極を挿入して電気信号を送る脳深部刺激療法(DBS)、②ポンプとチューブで小腸に薬を持続的に注入するレボドパ/カルビドパ配合剤持続経腸療法(LCIG)があります。

 

 脳深部刺激療法:DBS(Deep Brain Stimulation)

  ドパミン放出の減少に伴う脳回路の異常を、電極からの電気信号によって回路を正常に機能させる治療。

  off時間が改善され、薬の投与量・投与回数を減らすことができ、その結果ジスキネジアの発現が抑制され、安定した状態を24時間保つことができる。

  治療ターゲットとして、視床下核、淡蒼球内節、視床腹中間核の3つがあり、症状などにより刺激部位が選択される。

  ・ 視床下核STN:subthalamic nucleus

   最も一般的に用いられ、震え(振戦)、体が動かない(無動)、体が硬い(固縮)症状に対し効果が期待できる。

   特にoff時間の症状改善に期待され、抗パーキンソン病薬の減量が期待出来る。

   一方で精神症状、認知機能障害悪化の懸念が指摘されている。

  ・ 淡蒼球内節Gpi:globus pallidus internus

   STNと同様の効果が期待出来るが、off時間の症状改善は困難で抗パーキンソン病薬の減量は期待できないが、認知機能症状への悪化が少ないとされる。

  ・ 視床腹中間核Vim:ventral intermediate nucleus

   振戦に対して効果が期待されるが、他の運動症状の改善は乏しく、適応されるケースは限られる。

 

 レボドパ/カルビドパ配合剤持続経腸療法:LCIG(Levodopa-carbidopa continuous infusion gel (LCIG) therapy)

  ウェアリングオフ現象やジスキネジアが生じて十分な治療が困難となった場合に検討される。

  ゲル状のレボドパ/カルビドパ配合剤を胃瘻から空腸に進めたチューブを経由して持続的に薬剤を注入する治療法。

  持続的に薬剤を投与することから、薬の濃度を一定に保つ事が期待でき、体の動きが悪い時間(off時間)が短くなり、薬の濃度が急激に高くならないことからジスキネジアも軽減できる。

  注意点は、夜間が使用できないため夜間は経口摂取で対応が必要なこと、朝の装着に介助者の補助が必要であること、胃瘻チューブの閉塞などのトラブルの問題がある。

  * レボドパを24時間連続投与すると、効果を得るまでの投与量が増えやすくなります。一方で1日16時間投与では効果を得るまでの投与量が低下することが報告されています。また、血中ドパミン濃度は夜間低下し早朝に上昇する生理的日内変動があり、活動量が低い夜間の相対的過剰投与をさけるために夜間は使用しないこととなっています。

 

DAT

投稿者: おばた内科クリニック

2019.12.08更新

高齢化に伴い認知症患者さんは増え続けており、認知症の多くを占めるアルツハイマー型認知症の治療薬はいくつかありますが、根本的な治療は難しい状態で、新薬の開発は難しい状態でした。

11月2日中国国家薬品監督管理局より、上海市の製薬会社などが開発したアルツハイマー病の新薬を条件付きで承認したと発表しました。

軽度から中等度の患者さんが対象で、認知機能の改善効果があり、年内に中国で販売を始める計画で、新薬が承認されたのは実に17年ぶりとなります。

作用機序については詳細不明ですが、発表資料によりますと、投与4週目から軽度から中等度のアルツハイマー病患者さんの認知機能に改善が認められたということです。

また、バイオジェン社とエーザイが共同で開発していた治療薬(aducanumab)も2019年3月効果が見込めないと一旦開発が中止されましたが、試験中止後に得られたデータを含め再検討したところ、効果が期待できる結果が得られ承認申請を予定していると発表しました。

これまでのアルツハイマー認知症治療薬は、症状の改善が期待できるものではあるものの、病気の根本的な改善は難しい状態であったが、aducanumabはアルツハイマー型認知症の原因とされる脳内アミロイドプラークの沈着の有意な減少を認めており、根本的な治療の改善が期待できます。

治療の選択肢が増えることにより、今後も増加するとされる認知症患者さんの改善が期待されますので、安全性と効果が確認できれば日本での早期使用を期待します。

認知症新薬

投稿者: おばた内科クリニック

2019.11.24更新

フレイルとは、加齢に伴う種々の機能低下を基盤とし、様々な健康に対する脆弱性が増加している状態で、健康障害に陥りやすい状態です(1)。

Friedらは①体重減少、②主観的疲労感、③日常生活活動量の低下、④身体能力(歩行速度)の減弱、⑤筋力(握力)の低下、のうち3項目が当てはまればフレイルと定義し、1〜2項目が当てはまる場合はフレイル前段階と定義しました(2)。

フレイルの状態をそのままにしておくと、生活の質を落とし現在の生活を維持できなくなるだけではなく、糖尿病や心臓病などの持病の悪化にも繋がりかねません。

一方で食生活や運動をこころがけるなど介入を行うことにより、フレイルの状態からの改善も期待できます。

ですが、自身がフレイルであるのかを判断するには、握力・歩行速度の測定と判断をするのに時間を要するものが含まれており、気軽に判断することが難しいです。

フレイル定義

九州大学のキャンパスライフ・健康支援センターの熊谷 秋三らは、簡単に評価できるチェックシートを開発し報告しました(3)。

適宜フレイルの状態であるのかセルフチェックを行い、当てはまる場合は、生活習慣病の予防を行いつつ、散歩などの運動を少しでも日常生活に取り入れる、タンパク質などの栄養摂取を増やすことが大事です。

運動や食生活をどうすれば良いかわからない場合は、かかりつけの先生に相談される、または介護保険によるデイサービスやデイケアなどを利用されることも良いと思います。

 

チェックシート

5項目、6つの質問に「はい」「いいえ」で答えるだけで身体的フレイルの判定が可能。 3点以上ある場合は、身体的フレイルの状態と判断して良いとされます。 なお、各項目の頭文字を並べると「Frail(フレイル)」となります。

 Fatigue(疲労感)

  気分が沈み込んで、何が起こっても気が晴れないように感じましたか  何をするのも骨折りだと感じましたか  1.はい・0.いいえ(どちらか1つにあてはまる場合も「はい」に〇)

 Resistance(筋力)

  階段を手すりや壁をつたわらずに昇っていますか  0.はい・1.いいえ

 Aerobic(有酸素能力)

  1kmぐらいの距離を続けて歩くことができますか  0.はい・1.いいえ

 Inactivity(活動量低下)

  1日のうち、座っている又は横になっている時間は、起きている時間の80%以上ですか  1.はい・0.いいえ

 Loss of weight(体重減少)

  6カ月間で2~3kg以上の体重減少がありましたか  1.はい・0.いいえ

 

参考文献、出典

(1)葛谷雅文:老年医学におけるSarcopenia & Frailty の重要性.日老医誌2009;46:279─85

(2)Fried LP: Cardiovascular Health Study Collaborative Research Group. Frailty in older adults : evidence for a phenotype. J Gerontol A Biol Sci Med Sci 2001; 56 : M146─56.

(3)Si Chen:Journal of the American Medical Directors Association. 2019 Sep 12;pii:S1525-8610(19)30567-5.

ケアネットより参照:https://www.carenet.com/news/general/hdnj/48829

投稿者: おばた内科クリニック

2019.11.10更新

パーキンソン病は進行性のため、病状が軽いときは薬物治療のみで日常生活に問題ないことが多いです。

ですが、病状が進むことにより、徐々に薬物治療のみでは転倒や誤嚥の出現など日常生活に支障が出てくることが多いです。

病状が進む前の早期の段階から活動的な生活を行い、バランスや筋力、関節可動域を改善する積極的な運動を行い、体の動かしにくさやバランス障害を予防することが大事です。

体を動かすこと、リハビリテーション治療を薬物治療に併用することにより、運動機能の向上を図ることができ、薬物治療の効果を最大限に引き出せます。

パーキンソン病のリハビリテーション治療には、病状にあわせた治療が必要です。 早期においては、活動的な生活によるバランスや筋力、関節可動域を改善する積極的な運動を行います。ですが、バランスを崩しやすくなり転倒するような段階になりますと、リハビリテーションの専門スタッフによる姿勢や起き上がり動作、歩き方について指導を受けて頂くことが大事です。あわせて自宅で行うことが出来るリハビリについても指導を受けて頂くとより効果的です。

PDリハ

H-Y stage 1:体の片側だけに手足のふるえや筋肉のこわばりがみられる。体の障害はないか、あっても軽い。

2:両方の手足のふるえ、両側の筋肉のこわばりなどがみられる。日常の生活や仕事がやや不便になる。

3:小刻みに歩く、すくみ足がみられる。方向転換のとき転びやすくなるなど、日常生活に支障が出るが、介助なしに過ごせる。職種によっては仕事を続けられる。

4:立ち上がる、歩くなどが難しくなる。生活のさまざまな場面で、介助が必要になってくる。

5:車いすが必要になる。ベッドで寝ていることが多くなる。

病状が進むことにより、パーキンソン病に対するリハビリテーションと運動が難しくなることにより生じる筋力低下や持久力低下などに対するリハビリテーションも必要となります。

パーキンソン病に対するリハビリテーションとして、リズムや音楽にあわせた歩行訓練などがあり、cueを利用した訓練が効果的とされています。Cueである視覚刺激や聴覚刺激を利用した運動(リズムにあわせた歩行訓練)は、以前より自分のペースで行った歩行訓練よりも歩行速度や歩行率などにおいて優位に改善したとの報告があります(文献1)。

視覚的cueは歩行開始時の歩行時の振り幅に影響し、聴覚的cueは歩行のタイミングに影響し、方向転換時のバランス障害を軽減させます。

音楽のリズムにあわせた歩行訓練を行う音楽療法の有効性や、自宅の廊下の床にテープを貼って歩行時にまたぐ印とすることなども、視覚的cueを応用したものです。

運動を行わなくなってしまったことによる筋力低下や持久力低下に対しては、関節拘縮予防の関節可動域練習やストレッチ、首や体感の回旋運動、前傾姿勢などに対する練習、下肢などの筋力訓練、バランス訓練、歩行訓練、手指の細かい運動などが必要となります。

パーキンソン病においては、固縮(体が固くなること)や動作緩慢(体がゆっくりとした動きになること)は主な症状であり、それにより日常生活の動作が障害されることが多いため、肩や腰の痛みが出現することが多くなるため、肩関節や股関節などの関節可動域の訓練やストレッチが重要となります。

パーキンソン病ではドパミン神経細胞が障害されますが、運動によりドパミン神経細胞によるドパミン産生が促され、強い運動や複雑な活動はドパミン神経細胞の活性につながるとされる報告もあります(文献2)。

医療機関に対して行われたアンケートでは、リハビリテーションの開始時期はすくみ足など歩行障害など日常生活に支障が出てきてから開始されることが多いとの結果がありますが、パーキンソン病では早期から運動学習の低下があり、運動スキルの保持の低下や新しいスキルの保持の低下もあると言われていまので、可能な範囲で早期からリハビリテーションを受けて頂くことが大事です。

Cue:手がかりを取り入れた運動や音楽療法

文献1 M.H.Thaut:Rhythmic auditory stimulation in gait training for Parkinson's disease patients.Movement Disorders Vol11, March 1996, Pages 193-200

文献2 Schenkman M:Effect of High-Intensity Treadmill Exercise on Motor Symptoms in Patients With De Novo Parkinson Disease: A Phase 2 Randomized Clinical Trial.JAMA Neurol.2018 Feb1;75(2):219-226.

 

投稿者: おばた内科クリニック

2019.10.27更新

股関節や背骨の骨折を発症しますと生活機能が低下し、骨折前の状態まで回復することは難しいと言われています。


さらには、新たな骨折による寝たきりの危険性も高くなり、生命予後も悪化してしまいます。

今後の健康な生活を続けていくためにも、以下の項目に当てはまる方は、「骨の検査」を受けて頂くことをおすすめします。
・身長が低下した(2cm以上)
・壁に沿って立ったときに後頭部との間に隙間がある
・骨粗鬆症のご家族がいる
・糖尿病がある
・慢性腎臓病がある
・慢性閉塞性肺疾患(気管支炎、肺気腫など)がある
・閉経している

骨折

投稿者: おばた内科クリニック

2019.10.13更新

喫煙は極端な話し、「百害あって一利なし」です。

ですが、喫煙はニコチン依存症と病気の状態のため、喫煙者の70%の方が禁煙を考え、実際に40%の方が禁煙を試みたものの、医療の支援なしに禁煙できた人は3−5%と禁煙の難しさを示したデータがあります。

喫煙は健康に良くないのは分かってはいるのだけど、止められない。 そのような中出てきたのが新型タバコです。 新型タバコであれば従来のタバコよりも健康被害が少ないとのイメージから発売当初は人気の高さから中々手に入らない状態となりました。

ですが、「アイコス」「グロー」「プルーム」といった非燃焼・加熱式タバコは、ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベルであることが分かっています。

また、米疾病対策センター(CDC)は10月3日に、電子タバコに関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例が累計で18件に達したと報告しました。 電子タバコに関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例は関与の可能性の高いものも含めると累計1000件を超えました。 それに先立ちアメリカのドナルド・トランプ大統領は、味や香り付きの電子タバコの販売を禁止する方針を発表しています。

日本ではニコチンを含まないリキッドしか認可販売されていませんが、重金属や発がん物質含有量は従来のタバコ以上とされています。 ニコチン依存症に対する治療は、保険診療が可能です。 喫煙は良くないのは分かっているが、禁煙が難しいと思われている方は、いつでもご相談下さい。

 

新型タバコ

 電子タバコ

  VAPEなど液体を加熱して発生させたエアロゾルを吸引するタイプ

  *エアロゾル:気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子

 非燃焼・加熱式タバコ:「アイコス」「グロー」「プルーム」

  ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベル

 

日本呼吸器学会 「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに関する日本呼吸器学会の見解」についてhttps://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/citizen/hikanetsu_kenkaiR.pdf

 

投稿者: おばた内科クリニック

2019.09.28更新

今シーズンのインフルエンザは、例年と異なり早い立ち上がりを見せています。

福岡市におけるインフルエンザの流行状況を評価する定点報告では、9月8日までの1週間での報告は0.55人でしたが、9月15日までの1週間では流行の目安とされる1人を超えた1.25人となりました。

例年と異なり流行が早くなる可能性がありますので、インフルエンザの予防接種を考えられている方は、例年よりも早く接種される事もご検討されて下さい。

また2019年3月に使用が解禁されたゾフルーザについては、耐性ウイルスが他の抗インフルエンザ薬よりも問題視されています。

ゾフルーザの一番のポイントは、既存の抗インフルエンザ薬と薬の効き方が異なる点と治療が一度の内服で済む事と思われます。

一度の内服で治療が終了するメリットは大きいですが、既存の抗インフルエンザ薬との使い分けも大事ですので、治療を受けられる際は担当の先生と相談されて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

前へ

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら