クリニックブログ

2018.11.18更新

京都大病院は、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人の人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、10月に50歳代のパーキンソン病の男性患者の脳に移植したと2018年11月9日発表しました。


保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環で、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植した手術は、世界初で2年かけ安全性を検証するとのことです。

手術は、京大iPS細胞研究所が備蓄する他人のiPS細胞から、脳内の情報伝達物質ドーパミンを分泌する神経細胞のもととなる細胞を作製し、患者さんの頭蓋骨に直径12mmの穴を開け特殊な注射針で細胞を移植しました。

注意点は拒絶反応と未分化のiPS細胞が奇形腫などの腫瘍を作る可能性であり、1年間は免疫抑制剤が必要で、移植片の大きさをMRIでチェックするとのことです。

全部で7例の臨床試験(治験)を行う予定で、治療効果は手術後数ヶ月経ってから表れるとのことです。

パーキンソン病治療はリハビリテーションと薬物療法が中心で、現在はそれに加え脳深部刺激療法とデュオドーパという外科的治療があります。

外科的治療は専門施設での治療となりどこでも受ける事はできませんが、iPS細胞を用いた治療であれば最低1年間は免疫抑制剤を服用する必要や脳腫瘍のリスクがあるかもしれませんが、安全性が確認できればその後は専門施設での治療が不要となりますので従来の外科的治療に変わり得る治療と期待しています。

 

投稿者: おばた内科クリニック

2018.11.03更新

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、受動喫煙防止対策に関する話題が報道される機会が多くなってきました。

また、2018年10月1日よりタバコの値段も上がり禁煙を考えられている方もいらっしゃると思います。

新型タバコであれば、「煙が出ない、あるいは煙が見えにくいので禁煙エリアでも吸える」、「受動喫煙の危険がない」、「従来の燃焼式タバコより健康のリスクが少ない」と誤認され、急速に広がりをみせています。

ですが、新型タバコの長期にわたる調査結果がないなか、「たとえ有害物質やリスクが紙巻タバコよりも少ないとしても、健康被害は免れない」ということを忘れないでいただきたいと思います。

非燃焼・加熱式タバコ
 ・葉たばこを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを吸引する
  タイプ(商品名iOOS、glo)
 ・低音で霧化する有機溶剤からエアロゾルを発生させた後、
  タバコ粉末を通過させて、タバコ成分を吸引するタイプ
  (商品名Ploom TECH)
電子タバコ
 液体を加熱してエアロゾルを発生させて吸引するタイプ
 ニコチンを含むものとニコチンを含まないものがある
 日本では、医薬品医療機器法による規制により、ニコチンを含
 むものは販売されていない

新型タバコの成分
 電子タバコ
  発癌物質やニッケルやクロムなどの重金属は従来の紙巻たばこ
  以上に含まれている

 非燃焼・加熱式タバコ
  ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベル

新型タバコは従来の紙巻タバコと同様にニコチンが含まれています。
ニコチンの割合が少ないとしても、一般的に喫煙者はニコチンの血中濃度が一定に達し満足感が得られるまで喫煙を続けるため、結果的に体内に摂取するニコチンの量は同じとなります。(ニコチン依存状態)

新型タバコで禁煙できるというデータは今の所なく、逆に喫煙から離れづらくなっているという調査結果があります。

まとめ
新型タバコにも、少ないながらも従来の紙巻タバコと同様のリスクが 喫煙者本人や非喫煙者にもあることを認識して頂き、禁煙をこころがけていきましょう!

 

投稿者: おばた内科クリニック

2018.10.21更新

認知症の症状には記憶障害などの中核症状と、徘徊や妄想などの周辺症状があります。
患者さまやご家族の環境にもよりますが、中核症状には薬物治療や食事・運動療法が中心となりますが、周辺症状はご家族での対応によって落ち着かれる事かありますので、活用されてみてください。

周辺症状:徘徊

ポイント
 家のなかや屋外をさまよい歩く
 帰り道がわからなくなる

対応
 気をそらす話題や手がかりを探り、あわてないように用意しておく
 ドアが開くと鳴るようにするなど、出て行くのがわかるようにする
 むしろ積極的に外出の機会をつくる(散歩、買い物、園芸など)
 衣服やくつに名札をつけ、連絡先、本人の呼び名などを書いておく
 お守り、ペンダントなど本人のなじみの品に連絡先を書いて入れておく
 本人のふだん行く方向、立ち寄るところを把握しておく
 近所や交番などに事情を説明しておき、見かけたときに連絡してもらう
 地域のSOSネットを活用する(自治体、保健所)
 帰ってきても責めず、ねぎらいの言葉をかける

徘徊

投稿者: おばた内科クリニック

2018.10.14更新

症状
 前兆の最中あるいは消失後60分以内に、通常対側の前頭〜側頭部に拍動性の頭痛が出現する。
 痛みのピークが過ぎるとズーンとした痛みに変わることがあり、半数以上は拍動性ではないと感じる。
 約60%は片側性であるが、常に同側とは限らず反対側に痛みが起こったり、両側に起こることもある。
 1〜6時間増強したあと、通常4〜24時間で消退し、長いときは3日間持続することがある。


前兆とは
 頭痛の前に出現するか、あるいは頭痛と同時に起こる脳の局所神経症状で、視覚症状、感覚症状、言語症状がある。
 最もよくみられるのは視覚症状で、閃輝暗点が多い。
 閃輝暗点とは、視野の中心が見えにくくなり、その周辺にきらきら輝く鋸歯状の模様が見えるもの。

罹患者数
 本邦の頭痛患者は4000万人と推定され、なかでも片頭痛の有病率は840万人にのぼるとされ、片頭痛の有病率は8.4%。女性の有病率は男性の3.6倍。

発症しやすい年齢と性差
 20〜50歳代に多く、女性の有病率は男性の3.6倍。
 約半数に家族内発症を認め、特に母親に頭痛を有する事が多い。
 初発は10〜30歳の間に多い。 なお、前兆のない片頭痛は前兆のある片頭痛より約2倍多い。

原因
 血管や三叉神経を起源とする末梢説と片頭痛発生器官や下行性痛覚抑制系を重視する中枢説があり、両者とも関与しているとされるが詳細は不明。
 誘因として身体・精神的因子(疲労、ストレス、激しい運動、性交、睡眠不足・過多、空腹など)、食事因子(チョコレート、コーヒー、紅茶、熟成チーズ、ソーセージ、柑橘類、海藻、香辛料、ナッツ、飲酒など)、薬剤(経口避妊薬、エストロゲン療法・離脱、亜硝酸・降圧薬などの血管拡張薬など)、環境因子(入浴・冷暖房による温度差、騒音、炎天、気圧差、臭気など)、アレルギー性因子(アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、気管支喘息など)などが挙げられる。
受診の必要性
 軽度の片頭痛であれば、市販薬にて改善することから受診の必要性は低い。
 しかし、器質的疾患を有するものによる頭痛や、不適切な治療などによって生じる薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)があるので、月に10回以上薬を服用するような場合や症状の改善が乏しい場合は神経内科、脳神経内科、脳神経外科の受診が推奨される。

検査内容
 脳腫瘍や脳出血などによる頭痛を鑑別するために、頭部CTや頭部MRIによる画像検査

治療可否
 頭痛の発作が軽く、月に1〜2回の発作で、市販薬をはやめに服用すれば日常生活に支障ない場合は市販薬で様子観察可。
 市販薬で改善ない場合や、月に10回以上服薬が必要な場合や症状の改善が乏しい場合は神経内科、脳神経内科、脳神経外科受診による専門的な治療が必要。

治療法
 保険適応のある治療は内服治療。
 発作時に内服する治療薬としてアセトアミノフェン製剤、非ステロイド系鎮痛薬、トリプタン製剤、エルゴタミン製剤が主に使用される。
 ただし、エルゴタミン製剤は子宮収縮作用、催奇形性の問題があるため妊婦や授乳中には使用しない。
 月に10回以上発作のために薬を服用する場合は、薬物乱用頭痛を起こさないように抗てんかん薬、β遮断薬、Ca拮抗薬などの予防薬を投与する。

治療期間
 対症療法が中心となり、根本治療は困難であるが、加齢とともに発作は減少する。
 頭痛の程度や頻度が許容範囲となれば、治療は終了。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.09.30更新

喫煙による脳血管障害や心臓血管障害、呼吸器疾患、がんなどのリスクは知られていますが、認知症の悪化の原因ともされています。

韓国のSang Min Park氏らは、韓国の健康保険データベースを用いて喫煙と認知症のリスクについて検討し、喫煙患者では認知症のリスクが高いと報告しました。

Park氏らは、2002年から2013年に実施された健康スクリーニングプログラムから、60歳以上のおよそ4万6千人のデータを検討。

*韓国では女性の喫煙率は低いため除外されています

参加者の喫煙習慣を、継続喫煙者、短期喫煙者(喫煙期間4年未満)、長期禁煙者(禁煙期間4年以上)、喫煙非経験者に分類し、全ての認知症、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症の発症状況を分析しました。

継続喫煙者に対する長期禁煙者と喫煙非経験者の全ての認知症のリスクはそれぞれ14%および19%低く、喫煙者に対する喫煙非経験者のアルツハイマー型認知症のリスクは18%低かったです。 また、喫煙者に対する長期禁煙者と喫煙非経験者の脳血管性認知症のリスクはそれぞれ32%および29%低かったです。

喫煙が認知症のリスクとなることは報告されていましたが、これまでは欧米を対象とした報告であり、今回のアジア人を対象とした報告は貴重なものと考えます。

喫煙は先程述べました脳や心臓の血管障害や呼吸器疾患、がんなどだけではなく、認知症のリスクともなっていますので、禁煙がより重要と考えます。

Effect of smoking cessation on the risk of dementia: a longitudinal study Sang Min Park First published: 05 September 2018 https://doi.org/10.1002/acn3.633

投稿者: おばた内科クリニック

2018.09.16更新

10月1日より診療体制変更に伴い、在宅医療(訪問診療・往診)を開始します。

当院初診の患者さまの場合、現在治療中の病気やアレルギーなど患者さまの状態の把握が不十分となってしまう事がありますので、安全確保のためにも当面は当院かかりつけの患者さまを対象とさせて頂きます。在宅医療をご検討されている患者さまは一度クリニックまでご相談下さい。大変恐縮でございますが何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

在宅医療とは?

 在宅医療とは、具合が悪くなったときだけ医師が診療に伺うものではありません。

 体の動きが悪くなってしまいお一人では通院が困難な患者さまや認知症により定期的な病院受診が困難となってしまった患者さまのお宅に、訪問診療といった定期的な診療を計画的に行い在宅での生活を少しでも長く行わせて頂きます。定期訪問に加え、緊急時には必要に応じて往診を行わせて頂き、必要に応じて入院先の手配などを行います。

訪問範囲

 当院の訪問範囲は、原則クリニックより半径2km圏内となりますが、患者さまの状態によって変わりますのでお問い合わせ下さい。

 クリニックから2km

診療の流れ

訪問診療のご依頼

 患者さまの情報を頂き、当院にて対応可能か検討させて頂きます。

 当面はかかりつけの患者さまを対象とさせて頂きますので、外来受診時にお声かけ下さい。

診療前連絡

 訪問診療が可能な場合、初診日の連絡や今後の流れについてご説明させて頂きます。

診療

 ご自宅に訪問し、診療させて頂きます。

 受診頻度 患者さまの状態に応じて月に1~2回程度訪問させて頂きます。

 訪問診療時間は月・火・木・金曜日の午後を中心に行わせて頂く予定です。

 *急な発熱や腹痛など急変時にはご連絡下さい。

検査について

 血液・尿検査など簡便なものはご自宅で行わせて頂きます。

 その他のレントゲン検査、超音波検査、MRI検査などはクリニックにて行わせて頂きます。

薬について

 院外処方となります。

 ご自宅まで宅配していただける薬局がありますので、ご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.09.01更新

赤ワイン摂取は認知症の予防効果があるとされており、これまで肝臓の機能障害などアルコール摂取に問題ない方にはこれまで1日1杯程度の摂取をすすめてきました。

この度、スイスのチューリッヒ大学のKarina Fischer氏らの研究により女性ではアルツハイマー型認知症の発症率が高いとの報告がありました。
一方でフランスのパリ・サクレー大学のSeverine Sabia氏らの研究では中年期に飲酒していない場合は認知症のリスクが高かったと報告されました。
両者の報告での共通点は過度の飲酒は認知症のリスクが高いとのことです。

一般的に日本人は欧米人を比較しアルコールの分解力が低いことから、お酒を楽しむときは少量にとどめほろ酔い程度が良いようです。


タイトル
Prospective Associations between Single Foods, Alzheimer's Dementia and Memory Decline in the Elderly.
機関紙
Nutrients. 2018 Jun 29;10(7); pii: E852.
著者
Karina Fischer

75歳以上の2,622人を対象に、10年に渡りアルツハイマー型認知症の発症などについて調査を行った。
赤ワインにおいて男性では発症率が低下したが、女性では発症率が高かった。
女性では飲酒による有害な影響が受けやすい可能性を報告。


タイトル
Alcohol consumption and risk of dementia: 23 year follow-up of Whitehall II cohort study.
機関紙
BMJ (Clinical research ed.). 2018 Aug 01;362;k2927. doi: 10.1136/bmj.k2927.
著者
Séverine Sabia

35歳〜55歳の1万308人を対象に、1985~88年から2002~04年までの間に5回調査を行い、アルコール摂取と認知症発症率などについて調査を行った。
中年期に飲酒していない群では認知症のリスクが高かったが、適量の群では認知症リスクの増加はなかった。
しかし、飲酒量が増加した群では認知症のリスクが高かった。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.08.14更新

近く京都大のチームがiPS細胞(人の人工多能性幹細胞)を用いたパーキンソン病に対する治験を開始する方針となりました。

パーキンソン病は脳内での神経伝達物質であるドーパミンを出す神経細胞が減ることにより、手足の震えや体のこわばり、体の動かしにくさなどを起きる病気です。
現在内服治療や脳深部刺激療法などの外科的治療、リハビリテーションによる治療が行われていますが、病気を治すことは困難であり徐々に症状が進行してしまうことが多いです。

チームは既に、患者さんや健康な人のiPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病のサルに移植し、最長2年間観察し症状が改善し、がん化する可能性のある腫瘍ができなかったことを確認しています。

この治験が順調にすすめば、現在病気で苦労されている患者さんやご家族の多いな助けになると思います。
また、この治療法を応用することでパーキンソン病だけではなく認知症などの神経難病にも効果が期待できると思います。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.29更新

糖尿病の治療は、食事療法や運動療法がまず行われます。
これらの治療で良くならない場合は、内服薬による治療やインスリンによる治療を行います。
現在の内服薬治療の第一選択薬はメトホルミン(メトグルコなど)が多くなってきています。
従来はSU薬(アマリール、ダオニール、グリミクロンなど)もよく使用されていましたが、低血糖の危険などから使用頻度が下がってきています。
今回カナダでメトホルミンによる治療を行われましたが、効果が思わしくなかった患者さんにSU薬を上乗せした場合とSU薬に切り替えた場合を比較検討した研究結果が報告されました。
結果はSU薬を使用したほうが心筋梗塞、脳血管障害、心臓血管障害による死亡、死亡および重症低血糖のリスクが増大する事が分かりました。
SU薬を上乗せした場合と切り替えた場合では、いくらか上乗せが安全でした。
糖尿病治療に限ったことではありませんが、可能な範囲で内服する薬は減らせればと思います。
食事療法や運動療法を心がけることで、現在服用している薬を減らすことが期待できますので、いつでもご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.22更新

CVD

右手足の動かしにくさにて来院された患者さんの頭部MRIです。

特殊な撮影方法で、白い部分が脳梗塞の所見です。

暑い日は体の水分が不足するような形で、血管が詰まりやすくなることもあります。

脳梗塞は初期対応が重要な病気ですので、何か気になる場合は脳神経を専門とする医療機関を受診されることをおすすめします。

熱中症は屋外だけではなく、屋内でも発症することがありますので、可能な範囲冷房を使用されるようにされて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

前へ

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら