クリニックブログ

2019.11.10更新

パーキンソン病は進行性のため、病状が軽いときは薬物治療のみで日常生活に問題ないことが多いです。

ですが、病状が進むことにより、徐々に薬物治療のみでは転倒や誤嚥の出現など日常生活に支障が出てくることが多いです。

病状が進む前の早期の段階から活動的な生活を行い、バランスや筋力、関節可動域を改善する積極的な運動を行い、体の動かしにくさやバランス障害を予防することが大事です。

体を動かすこと、リハビリテーション治療を薬物治療に併用することにより、運動機能の向上を図ることができ、薬物治療の効果を最大限に引き出せます。

パーキンソン病のリハビリテーション治療には、病状にあわせた治療が必要です。 早期においては、活動的な生活によるバランスや筋力、関節可動域を改善する積極的な運動を行います。ですが、バランスを崩しやすくなり転倒するような段階になりますと、リハビリテーションの専門スタッフによる姿勢や起き上がり動作、歩き方について指導を受けて頂くことが大事です。あわせて自宅で行うことが出来るリハビリについても指導を受けて頂くとより効果的です。

PDリハ

H-Y stage 1:体の片側だけに手足のふるえや筋肉のこわばりがみられる。体の障害はないか、あっても軽い。

2:両方の手足のふるえ、両側の筋肉のこわばりなどがみられる。日常の生活や仕事がやや不便になる。

3:小刻みに歩く、すくみ足がみられる。方向転換のとき転びやすくなるなど、日常生活に支障が出るが、介助なしに過ごせる。職種によっては仕事を続けられる。

4:立ち上がる、歩くなどが難しくなる。生活のさまざまな場面で、介助が必要になってくる。

5:車いすが必要になる。ベッドで寝ていることが多くなる。

病状が進むことにより、パーキンソン病に対するリハビリテーションと運動が難しくなることにより生じる筋力低下や持久力低下などに対するリハビリテーションも必要となります。

パーキンソン病に対するリハビリテーションとして、リズムや音楽にあわせた歩行訓練などがあり、cueを利用した訓練が効果的とされています。Cueである視覚刺激や聴覚刺激を利用した運動(リズムにあわせた歩行訓練)は、以前より自分のペースで行った歩行訓練よりも歩行速度や歩行率などにおいて優位に改善したとの報告があります(文献1)。

視覚的cueは歩行開始時の歩行時の振り幅に影響し、聴覚的cueは歩行のタイミングに影響し、方向転換時のバランス障害を軽減させます。

音楽のリズムにあわせた歩行訓練を行う音楽療法の有効性や、自宅の廊下の床にテープを貼って歩行時にまたぐ印とすることなども、視覚的cueを応用したものです。

運動を行わなくなってしまったことによる筋力低下や持久力低下に対しては、関節拘縮予防の関節可動域練習やストレッチ、首や体感の回旋運動、前傾姿勢などに対する練習、下肢などの筋力訓練、バランス訓練、歩行訓練、手指の細かい運動などが必要となります。

パーキンソン病においては、固縮(体が固くなること)や動作緩慢(体がゆっくりとした動きになること)は主な症状であり、それにより日常生活の動作が障害されることが多いため、肩や腰の痛みが出現することが多くなるため、肩関節や股関節などの関節可動域の訓練やストレッチが重要となります。

パーキンソン病ではドパミン神経細胞が障害されますが、運動によりドパミン神経細胞によるドパミン産生が促され、強い運動や複雑な活動はドパミン神経細胞の活性につながるとされる報告もあります(文献2)。

医療機関に対して行われたアンケートでは、リハビリテーションの開始時期はすくみ足など歩行障害など日常生活に支障が出てきてから開始されることが多いとの結果がありますが、パーキンソン病では早期から運動学習の低下があり、運動スキルの保持の低下や新しいスキルの保持の低下もあると言われていまので、可能な範囲で早期からリハビリテーションを受けて頂くことが大事です。

Cue:手がかりを取り入れた運動や音楽療法

文献1 M.H.Thaut:Rhythmic auditory stimulation in gait training for Parkinson's disease patients.Movement Disorders Vol11, March 1996, Pages 193-200

文献2 Schenkman M:Effect of High-Intensity Treadmill Exercise on Motor Symptoms in Patients With De Novo Parkinson Disease: A Phase 2 Randomized Clinical Trial.JAMA Neurol.2018 Feb1;75(2):219-226.

 

投稿者: おばた内科クリニック

2019.10.27更新

股関節や背骨の骨折を発症しますと生活機能が低下し、骨折前の状態まで回復することは難しいと言われています。


さらには、新たな骨折による寝たきりの危険性も高くなり、生命予後も悪化してしまいます。

今後の健康な生活を続けていくためにも、以下の項目に当てはまる方は、「骨の検査」を受けて頂くことをおすすめします。
・身長が低下した(2cm以上)
・壁に沿って立ったときに後頭部との間に隙間がある
・骨粗鬆症のご家族がいる
・糖尿病がある
・慢性腎臓病がある
・慢性閉塞性肺疾患(気管支炎、肺気腫など)がある
・閉経している

骨折

投稿者: おばた内科クリニック

2019.10.13更新

喫煙は極端な話し、「百害あって一利なし」です。

ですが、喫煙はニコチン依存症と病気の状態のため、喫煙者の70%の方が禁煙を考え、実際に40%の方が禁煙を試みたものの、医療の支援なしに禁煙できた人は3−5%と禁煙の難しさを示したデータがあります。

喫煙は健康に良くないのは分かってはいるのだけど、止められない。 そのような中出てきたのが新型タバコです。 新型タバコであれば従来のタバコよりも健康被害が少ないとのイメージから発売当初は人気の高さから中々手に入らない状態となりました。

ですが、「アイコス」「グロー」「プルーム」といった非燃焼・加熱式タバコは、ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベルであることが分かっています。

また、米疾病対策センター(CDC)は10月3日に、電子タバコに関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例が累計で18件に達したと報告しました。 電子タバコに関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例は関与の可能性の高いものも含めると累計1000件を超えました。 それに先立ちアメリカのドナルド・トランプ大統領は、味や香り付きの電子タバコの販売を禁止する方針を発表しています。

日本ではニコチンを含まないリキッドしか認可販売されていませんが、重金属や発がん物質含有量は従来のタバコ以上とされています。 ニコチン依存症に対する治療は、保険診療が可能です。 喫煙は良くないのは分かっているが、禁煙が難しいと思われている方は、いつでもご相談下さい。

 

新型タバコ

 電子タバコ

  VAPEなど液体を加熱して発生させたエアロゾルを吸引するタイプ

  *エアロゾル:気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子

 非燃焼・加熱式タバコ:「アイコス」「グロー」「プルーム」

  ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベル

 

日本呼吸器学会 「非燃焼・加熱式タバコや電子タバコに関する日本呼吸器学会の見解」についてhttps://www.jrs.or.jp/uploads/uploads/files/citizen/hikanetsu_kenkaiR.pdf

 

投稿者: おばた内科クリニック

2019.09.28更新

今シーズンのインフルエンザは、例年と異なり早い立ち上がりを見せています。

福岡市におけるインフルエンザの流行状況を評価する定点報告では、9月8日までの1週間での報告は0.55人でしたが、9月15日までの1週間では流行の目安とされる1人を超えた1.25人となりました。

例年と異なり流行が早くなる可能性がありますので、インフルエンザの予防接種を考えられている方は、例年よりも早く接種される事もご検討されて下さい。

また2019年3月に使用が解禁されたゾフルーザについては、耐性ウイルスが他の抗インフルエンザ薬よりも問題視されています。

ゾフルーザの一番のポイントは、既存の抗インフルエンザ薬と薬の効き方が異なる点と治療が一度の内服で済む事と思われます。

一度の内服で治療が終了するメリットは大きいですが、既存の抗インフルエンザ薬との使い分けも大事ですので、治療を受けられる際は担当の先生と相談されて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2019.09.22更新

認知症の原因として最も多いとされるアルツハイマー型認知症。

物忘れの症状を軽減させる、不安や感情のコントロールが難しいなどの症状を緩和させる治療法はありますが、根本的な治療は難しいのが現状です。

ですので、生活習慣に気を配り認知症発症の危険度を少しでも下げる、認知症かな?と思った時点での早期の病院受診を心がける事が大事です。

アメリカのアルツハイマー型認知症の研究者であるDale Bredesen氏は2014年に「リコード法」という統合的な治療法を報告しました。

一般的に、アルツハイマー型認知症の発症には脳内に蓄積したアミロイドβ(Aβ)の蓄積による神経障害が原因とされています。

リコード法では、この原因を(1)炎症性、(2)萎縮性、(3)毒物性、(4)糖毒性、(5)血管性、(6)外傷性の6つに分類し、食事(栄養)、運動、睡眠、ストレスケア、脳トレなどの生活習慣の改善が柱となっています。

具体的には、(1)肉ではなく野菜を中心とする、(2)ココナッツオイルを用いる、(3)ビタミン、ポリフェノールなどの摂取、(4)睡眠の質の向上、(5)運動を心がける、(6)脳トレ、(7)グルタチオン点滴などです。

2018年2月に「アルツハイマー病 真実と終焉 "認知症1150万人"時代の革命的治療プログラム」が発売され、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、気になる方は目を通されてみてはいかがでしょうか。

大事なのは、

(1)出来る事から無理のない範囲で生活習慣の改善を行うこと、

(2)生活習慣の改善を目指す治療プラグラムであるため、家族や介護者などの協力が必要不可欠であることです。

投稿者: おばた内科クリニック

2019.09.08更新

先日腰の痛みについて話しをさせて頂きました。 腰が痛む場合は、下肢の痛みやしびれを伴うこともあります。 今回は、下肢の痛みについて、話しをさせて頂きます。

下肢の痛みは、大きく分けて腰の痛みを伴う腰椎疾患、動脈硬化症などの血管疾患、糖尿病などによる末梢神経障害によるものに分類します。

  

・腰椎疾患による痛み

 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などにより、腰から下肢にかけての神経を圧迫することにより生じる痛みで、坐骨神経痛と呼ばれます。

 痛みの範囲により、腰のどの部位がおかしいのか診断できます。 

皮膚分節2

*頭の下からお尻までの椎骨は上から順に頚椎(C)7個、胸椎(T)12個、腰椎(L)5個、仙椎(S)5個並んでいます。

 

・血管疾患による痛み

 血管は動脈と静脈の2種類があります。

 動脈によるものとして多いのは、閉塞性動脈硬化症です。糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病や喫煙歴などがある方は注意が必要です。初期は一定距離を歩くとふくらはぎなどの締めつけ感や痛みが出現しますが、休むと症状は改善します。しかし症状が進行しますと安静時にも痛みが出現し足の冷たい感じ(冷感)や皮膚が壊死したりします。

 静脈によるものとして多いのは、下肢静脈瘤が多いです。足の血管の蛇行を肉眼的に認めます。

 

・末梢神経障害による痛み

 下肢を支配する神経が障害を受けることにより痛みや運動障害が起こります。

 原因としては圧迫によるものや糖尿病などによる動脈硬化により神経を栄養する血管のトラブルによるものが多いです。

 ほか、帯状疱疹というウイルス感染に伴う痛みがあり、皮膚変化を伴う場合は抗ウイルス剤による治療が必要となります。

 

下肢の痛みも原因により、治療法が変わってきます。 当院では、お話・診察・検査(エコー検査、MRI検査、採血)により痛みの原因を探り、リハビリテーションや内服薬による治療を患者さんに合わせて行っています。 お困りの場合はいつでもご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2019.08.25更新

腰の痛みはよくある症状で、多くの方が一度や二度は経験されているかと思います。腰の痛みに片側あるいは両側に痛みが広がることもあります。中には命に関わる病気が隠れていることもあるため、迅速な診断と治療が必要となることがあります。

腰の痛みは大きく分けて、急性腰痛・亜急性腰痛と慢性腰痛に分類されます。

 

急性腰痛・亜急性腰痛

 発症から4週間未満の痛みを急性腰痛、4週間以上3ヶ月未満を亜急性腰痛と言います。 急性腰痛には、感染性脊椎炎などの感染症によるものが含まれますので、注意が必要です。また、高齢者に多い圧迫骨折には多発性骨髄腫や、悪性腫瘍の骨転移なども含まれますので、注意が必要です。

  腰椎椎間関節性腰痛

   全腰痛の占める頻度として、若年者で15%、高齢者で40%以上を占め、高齢者に多い原因として、椎間板が細くなることにより、椎間関節に負担がかかることが考えられえいます。

  腰椎椎間板性腰痛

   若年者から50歳までの若い年齢層で多くみられます。椎間板内に神経はありませんが、周りの組織の損傷などにより痛みが生じます。

 

慢性腰痛

 発症から3ヶ月以上継続する場合を慢性腰痛と言います。 慢性疼痛においては、筋肉への負荷のバランスが悪くなっており、筋肉の痙攣などによって痛みが生じてきます。また、長期間の痛みによって精神的にも負担となりますと、体を動かせない事によって更に痛みが強くなることがあります。

 

腰痛の治療で大事なことは、痛みが出た時に十分な治療を行い、痛みが長く続かないようにすることです。 痛みが長期化すると慢性疼痛に移行し、治療がより難しくなってきますので、痛みが出現した場合は早期診断・治療をおすすめします。

腰椎圧迫骨折

投稿者: おばた内科クリニック

2019.08.11更新

糖尿病は血管性認知症(脳梗塞や脳出血による認知症)の危険因子のみならず、アルツハイマー型認知症との関係も指摘されています。

デンマークのBispebjerg-Frederiksberg病院のJørgen Rungby氏らは2019年6月アメリカ糖尿病学会にて、糖尿病治療薬と認知症の関係を検討し、一部の糖尿病治療薬が認知症の発症リスクを軽減させる可能性について報告しました。

研究は、2型糖尿病患者17万6250例を対象とし、糖尿病治療薬が認知症発症リスクに与える影響を検討しました。 糖尿病治療薬として、インスリン、メトホルミン、SU薬またはグリニド系薬、チアゾリジン系薬、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬、アカルボースに分類。

結果は糖尿病治療薬の使用者では、GLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬でリスクが半減。 糖尿病治療薬の使用歴がない者では、メトホルミン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬でリスクが低減していました。なお、これらの治療薬の使用量増加に伴い認知症発症のリスクは低減することが示唆されましたが、治療薬を複数用いても効果は認められませんでした。

糖尿病治療薬と認知症 Medical Tribuneより抜粋 https://medical-tribune.co.jp/news/2019/0612520413/

Rungby氏は「2型糖尿病患者において、メトホルミン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬の使用は認知症リスクの低下と関連していた」と結論しました。

注意点は、高齢者糖尿病の特徴として、発汗・動悸・手のふるえなどの低血糖症状が目立たず、ふらふらする・動作がぎこちない・目がかすむなどの非典型的な症状が出やすいことです。2017年に報告された「高齢者糖尿病診療ガイドライン」では、重症低血糖が心配されるインスリン、SU薬またはグリニド系薬の使用がある患者さんでは、血糖コントロール目標として、認知機能が正常な方でもHbA1cは8.0%未満とし7.0%以下にならないようにする。中等度以上の認知症がある患者さんでは7.5%以下にならないように加減している事です。

現在糖尿病の診断、あるいは糖尿病予備群の診断がある患者さんで、認知症が心配としてもご自身の判断で薬は調整せずに、かかりつけの先生に相談されて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2019.07.27更新

イギリスのエクセター大学のAnne Corbett氏らは、クロスワードパズルや数独が高齢者の脳の老化を防ぐ効果があることを報告しました。

この研究は、認知機能が正常な50〜93歳の男女1万9,078人を対象に、オンライン上で実施したもので、参加者には毎年、クロスワードパズルや数字のパズルを行う頻度について尋ねたほか、複数の認知機能テストを行い、記憶力や注意力、判断力、実行力などを評価しました。

その結果、これらのパズルを1日1回以上行う人では、たまに行う人や全く行わない人に比べて認知機能テストの成績が高いことが分かりました。

注意点は、これらのパズルを行うと脳の老化を防ぐ効果がありますが、アルツハイマー型認知症などの認知症を予防できることを示したわけではない事です。

アルツハイマー型認知症は認知症を発症する20年以上前から、脳の病変が生じはじめていることが分かっています。 認知症の根本的な治療が困難な現在においては、体を動かすなどの身体的な老化の衰えを予防しつつ、パズルを解くなどの脳の活動も習慣的に行うことが大事と考えます。

参考文献

Brooker H, et al. Int J Geriatr Psychiatry. 2018 Nov 15.

Brooker H, et al. Int J Geriatr Psychiatry. 2019 Feb 11.

投稿者: おばた内科クリニック

2019.07.14更新

足の付根(股関節、大腿骨近位部)や背骨の骨折(脆弱性骨折)を起こすと生活機能が低下し、骨折前の状態まで回復するのは難しいと言われ、場合によっては寝たきりになる可能性が高まります。
平成28年の厚生労働省の「国民生活基礎調査」によりますと、要介護者等について、介護が必要になった主な原因についてみると、「認知症」が18.7%と最も多く、次いで、「脳血管疾患(脳卒中)」15.1%、「高齢による衰弱」13.8%、「骨折・転倒」12.5%となっています。
よって、いかに骨折を防ぐかが大事となり、骨折の原因となり得る骨粗鬆症の有無を調べる骨検診が必要です。

介護の原因疾患

 

特に以下の点に当てはまる方は骨検診を受けられることをおすすめします。

・身長が2cm以上低下した
・壁に沿って立った時に後頭部との間に隙間がある
・骨粗鬆症のご家族がいる
・糖尿病である
・慢性腎臓病である
・慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎、肺気腫)である
・閉経している
 *骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版より

原発性骨粗鬆症の診断手順(骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年版より)

骨粗鬆症の診断手順

投稿者: おばた内科クリニック

前へ

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら