クリニックブログ

2017.12.20更新

高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化症といった生活習慣病の原因の一つに運動不足があげられます。また、わが国の死亡率をみても悪性新生物に次いで高い数値を推移しており生活習慣病は大きな社会問題となっています。(下図参照)

人口動態統計

運動療法(リハビリテーション)を実施する事で、これらの生活習慣病が改善するだけでなく、脳血管疾患や心疾患などの病気にかかる危険も低くなると報告されています。 運動により得られる様々な効果を知り、定期的に適度な運動を行う習慣を付けましょう。

 

【生活習慣病の運動効果】

○筋肉の細胞内に血中のブドウ糖を取り込みやすくなる(効果は1~2日持続)

○インスリンの働きが良くなる

○心臓への負担が軽減する

○筋力や心肺機能が向上し、身体活動に対し疲れにくくなる

○高血圧を長期的に予防、あるいは改善する

○中性脂肪や悪玉コレステロールは減少し、善玉コレステロールは増加する

○皮下・内臓脂肪を減少させる

○関節や骨が丈夫になり骨粗鬆症を防止する

○基礎代謝を向上させ肥満予防、肥満改善につながる

○睡眠障害を改善する

○免疫機能が改善し風邪をひきにくくなる

○精神的爽快感が得られ、ストレス解消になる

 

生活習慣病予防において、運動は非常に効果的です。継続することが大切ですので、ご自分のライフスタイルにあった無理なく行える運動を選びましょう。 当院では生活習慣病に対する運動指導も行っています。 生活習慣病を予防・改善していきたい方、腰や膝が痛くて運動が行えずお困りの方、自分にあった運動方法を知りたい方など、お気軽にご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2017.12.20更新

高血圧、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化症といった生活習慣病の原因の一つに運動不足があげられます。また、わが国の死亡率をみても悪性新生物に次いで高い数値を推移しており生活習慣病は大きな社会問題となっています。(下図参照)

人口動態統計

運動療法(リハビリテーション)を実施する事で、これらの生活習慣病が改善するだけでなく、脳血管疾患や心疾患などの病気にかかる危険も低くなると報告されています。 運動により得られる様々な効果を知り、定期的に適度な運動を行う習慣を付けましょう。

 

【生活習慣病の運動効果】

○筋肉の細胞内に血中のブドウ糖を取り込みやすくなる(効果は1~2日持続)

○インスリンの働きが良くなる

○心臓への負担が軽減する

○筋力や心肺機能が向上し、身体活動に対し疲れにくくなる

○高血圧を長期的に予防、あるいは改善する

○中性脂肪や悪玉コレステロールは減少し、善玉コレステロールは増加する

○皮下・内臓脂肪を減少させる

○関節や骨が丈夫になり骨粗鬆症を防止する

○基礎代謝を向上させ肥満予防、肥満改善につながる

○睡眠障害を改善する

○免疫機能が改善し風邪をひきにくくなる

○精神的爽快感が得られ、ストレス解消になる

 

生活習慣病予防において、運動は非常に効果的です。継続することが大切ですので、ご自分のライフスタイルにあった無理なく行える運動を選びましょう。 当院では生活習慣病に対する運動指導も行っています。 生活習慣病を予防・改善していきたい方、腰や膝が痛くて運動が行えずお困りの方、自分にあった運動方法を知りたい方など、お気軽にご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2017.12.10更新

パーキンソン病とは、体の動かしにくさ、手足のふるえ、身体のこわばり、バンスがとりにくいなどの運動症状が特徴的な病気ですが、他にも便秘や頻尿などの自律神経障害やうつ症状などの精神症状も現れることがあります。 今回は、自律神経障害について紹介させて頂きます。

自律神経とは自分の意志でコントロールすることが出来ない神経で、具体的には、運動した時や興奮した時に自分で脈を早くしようとしなくても、勝手に脈が早くなっているのは自律神経の働きによるものです。

 

便秘

 パーキンソン病患者さんの7〜9割が便秘を経験している

 1日1回か2日に1回くらいの排便が目安

 運動量が少ないとお腹の刺激が弱まるために便秘傾向となってしまうため、積極的に散歩などの運動を心がけるのが有効とされます

 食事については、便が固くならないように肉食に偏らずに、野菜類や食物繊維の摂取を心がけ、こまめに水分補給を行うことが大事です

 運動や食事でも便秘が良くならない場合は、薬が必要となります

 薬には、便を柔らかくするような薬と腸を刺激して排便を促す薬となります

 腸を刺激して排便を促す薬は長期間使用することにより、効果が落ちてくることがありますので、まずは便を柔らかくするような薬が良いとされます

 

頻尿

 排尿が近くなる頻尿は、パーキンソン病患者さんだけではなく、70歳以上の4人に1人にあるとされています

 特に、十分におしっこがたまる前にトイレに行きたくなる過活動膀胱が多いようです

 薬による治療としては、おしっこを出しやすくして膀胱に尿が残らないようにして、トイレに行く回数を少なくする薬とおしっこを出にくいようにしてトイレに行く回数を減らす薬があります

 おしっこを出にくいようにする薬は、抗コリン薬といってアセチルコリンの働きを抑えることによって効果を発揮します

 アセチルコリンは神経伝達物質の一つですが、記憶に関係する物質であり、アルツハイマー型認知症に関係します

 よって、身体の動きと物忘れとの関係をみながら使用を考えますので、主治医に相談されることをおすすめします

 

立ちくらみ、ふらつき

 立ち上がった時に血圧が下がることにより、めまいやふらつきを起こす症状です

 朝起きるとき、お風呂から上がるとき、トイレから立ち上がるときに多いですので、そのような時は特に注意されて下さい

 対策としては、立ち上がる前に脚を少し動かして、筋肉を動かすことが良いとされます

 これは、動かすことにより血管が刺激され、脚の血液を上に押し上げる効果が期待できるからです

 ほかに、普段から枕を少し高くして寝ると身体の血管に持続的に圧力が加わって血管の収縮力がよくなるという考え方もあります

 むくみの対策にもなりますが、強めのストッキング(弾性ストッキング)を使用することにより、脚の血管を引き締めるのも良いと思います

投稿者: おばた内科クリニック

2017.12.10更新

パーキンソン病とは、体の動かしにくさ、手足のふるえ、身体のこわばり、バンスがとりにくいなどの運動症状が特徴的な病気ですが、他にも便秘や頻尿などの自律神経障害やうつ症状などの精神症状も現れることがあります。 今回は、自律神経障害について紹介させて頂きます。

自律神経とは自分の意志でコントロールすることが出来ない神経で、具体的には、運動した時や興奮した時に自分で脈を早くしようとしなくても、勝手に脈が早くなっているのは自律神経の働きによるものです。

 

便秘

 パーキンソン病患者さんの7〜9割が便秘を経験している

 1日1回か2日に1回くらいの排便が目安

 運動量が少ないとお腹の刺激が弱まるために便秘傾向となってしまうため、積極的に散歩などの運動を心がけるのが有効とされます

 食事については、便が固くならないように肉食に偏らずに、野菜類や食物繊維の摂取を心がけ、こまめに水分補給を行うことが大事です

 運動や食事でも便秘が良くならない場合は、薬が必要となります

 薬には、便を柔らかくするような薬と腸を刺激して排便を促す薬となります

 腸を刺激して排便を促す薬は長期間使用することにより、効果が落ちてくることがありますので、まずは便を柔らかくするような薬が良いとされます

 

頻尿

 排尿が近くなる頻尿は、パーキンソン病患者さんだけではなく、70歳以上の4人に1人にあるとされています

 特に、十分におしっこがたまる前にトイレに行きたくなる過活動膀胱が多いようです

 薬による治療としては、おしっこを出しやすくして膀胱に尿が残らないようにして、トイレに行く回数を少なくする薬とおしっこを出にくいようにしてトイレに行く回数を減らす薬があります

 おしっこを出にくいようにする薬は、抗コリン薬といってアセチルコリンの働きを抑えることによって効果を発揮します

 アセチルコリンは神経伝達物質の一つですが、記憶に関係する物質であり、アルツハイマー型認知症に関係します

 よって、身体の動きと物忘れとの関係をみながら使用を考えますので、主治医に相談されることをおすすめします

 

立ちくらみ、ふらつき

 立ち上がった時に血圧が下がることにより、めまいやふらつきを起こす症状です

 朝起きるとき、お風呂から上がるとき、トイレから立ち上がるときに多いですので、そのような時は特に注意されて下さい

 対策としては、立ち上がる前に脚を少し動かして、筋肉を動かすことが良いとされます

 これは、動かすことにより血管が刺激され、脚の血液を上に押し上げる効果が期待できるからです

 ほかに、普段から枕を少し高くして寝ると身体の血管に持続的に圧力が加わって血管の収縮力がよくなるという考え方もあります

 むくみの対策にもなりますが、強めのストッキング(弾性ストッキング)を使用することにより、脚の血管を引き締めるのも良いと思います

投稿者: おばた内科クリニック

2017.12.04更新

概念
 脳血管障害によって生じる認知症

疫学
 日本では老年期認知症の20-30%を占める

症状
 まだらな症状;症状が良いところと悪いところがある
 やる気の喪失、陰気、感情失禁(すぐに泣いたりする)、夜間徘徊、昼夜逆転

CT/MRI
 脳梗塞や脳出血の所見を認めます

 VDCT

治療使用薬のポイント

 1.治療は100点ではなく、60点を目指すのが良いです
 2.薬物治療としてはガランタミン(レミニール)とシロスタゾール(プレタール)が期待されます
   *ガランタミンはアルツハイマー型認知症にのみ保険適応がありますので、皆さまに使用できる分けではありません
 3.興奮した場合には、チアプリド(グラマリール)と抑肝散
 4.やる気の喪失などにもガランタミン(レミニール)は有効
 5.うつ症状、意欲の低下にはニセルゴリン(サアミオン)、アマンタジン(シンメトレル)も効果的

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら