クリニックブログ

2018.03.18更新

アレルギー性鼻炎には、1月から4月に症状が出やすいスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉による季節性アレルギー性鼻炎とハウスダスト(ダニ)やカビ、ペットの毛などが原因による1年中症状がある通年性アレルギー性鼻炎があります。

問診や検査で、原因が特定できたら治療に入ります。
治療は、くしゃみ・鼻汁・鼻つまりなどの症状を薬で抑える対症療法と、スギやヒノキ、ハウスダストなどの原因物質を少しずつ体に慣らしていくアレルゲン免疫療法があります。
また、マスクやゴーグルなどをつけてアレルギーの原因となる物質になるべく触れないようにする事も大事です。

花粉

アレルゲン免疫療法は、根本的な治療となりますので、長期にわたり症状の改善が軽快が期待されます。
従来は注射による治療でしたが、現在は舌の下で行う舌下免疫療法もあります。

舌下免疫療法とは
アレルゲン免疫療法は、主には原因となる物質を注射する「皮下免疫療法」が行われていました。しかし、皮下に注射して治療を行うために、はじめのうちは通院回数が多いや、注射であるために痛みを伴う事が問題としてありました
最近では原因となる物質を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場しました。「舌下免疫療法」は、スギ花粉症あるいはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された12歳以上の患者さんが受けることができます。
*2018年より12歳未満の患者さんも可能と変更になりましたが、当院は小児専門ではないことから12歳以上の方を対象とさせて頂いています。
1日1回、少量の治療薬から開始(初回は医療機関での治療となります)し、その後一定期間継続して治療を受けていただきます。
期間の目安としては3年以上が推奨されています。
治療を受けて頂くことにより、アレルギー症状が改善したり、症状が軽くなることが期待されますので、これまで飲み薬や点鼻薬、点眼薬を一緒に使用しなければならなかったのが、飲み薬のみに減らす事などが期待されます。
副作用として、舌の下で行う治療のため、口内炎や舌の腫れ、のどの痒みなどがあります。
おばた内科クリニックでは、対症療法だけではなく、舌下免疫療法を行っておりますので、鼻水やくしゃみ等でお困りの場合はいつでもご相談されて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.03.04更新

認知症、物忘れの危険因子となるものと守ってくれる防御因子を知ることで、今後の発症や症状の進行を抑える事が期待できます。

 

危険因子

 脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、頭部外傷

 脂質異常症(低HDLコレステロール、高LDLコレステロール、高トリグリセリド血症)

 糖尿病 *出典:認知症のコホート研究 老年精神医学雑誌 第26巻増刊号−1

  糖尿病により高血糖が続くと、脳内のインスリン抵抗性が増して、情報伝達が適切に行えなくなり、記憶を司る海馬が萎縮する可能性が指摘されています

  久山町で行われた研究では、糖尿病の場合の血管性認知症のリスクは、正常な人に比べて、1.8倍高いとされ、アルツハイマー型認知症になるリスクは、更に高く正常な人の2.1倍と報告されました

  DM 

 高血圧

 メタボリックシンドローム

 うつ病

 歯周病  *出典:現在歯数、咀嚼能力およびかかりつけ歯科医院の有無と認知症を伴う要介護認定との関連 AGESプロジェクトのコホートデータによる分析 第21回日本疫学学術総会円集第21巻1号

  糖尿病の合併症として注目され、成人が歯を失う最大の原因とされています

  歯の数と認知症の関係を調べた研究では、歯がほとんどなく、入れ歯も使っていない、噛んでない人の認知症発症のリスクは、歯が20本以上ある人の1.9倍と報告されています

 喫煙  *出典:健康・医療戦略推進本部 我が国における高齢者認知症の実態と対策:久山町研究 健康・医療戦略推進本部 より改変

  喫煙者は非喫煙者に比べて、アルツハイマー型認知症になるリスクは2.7倍、血管性認知症になるリスクは2.9倍と高いです。ですが、中年期には喫煙していても、老年期に喫煙しなくなった禁煙組では、アルツハイマー型認知症になるリスクが1.9倍、血管性認知症になるリクスが1.6倍と、禁煙しなかった人に比べるとリスクが低くなるとされていますので、現在喫煙されている方でもこれから禁煙されることをお勧めします

  ATD

  VD

 多量飲酒

 

防御因子

 運動習慣

 適切な食事

 余暇活動

 社会交流

 活発な精神活動

 認知訓練

 適切な睡眠

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら