クリニックブログ

2018.04.22更新

塩分について

 血圧は昼に向かって上がっていくため、朝に塩分をとると血圧はより高くなりやすいです。

 一方、夜は比較的塩分が排出されやすい事から、常に塩分に気をつける事が難しい場合、たまには塩分のある食事を摂りたくなった場合は、夕飯であれば朝取るよりも血圧が上がりにくいとされます。

 注意すべきはモーニングサージと言って、早朝あるいは起床前後に一過性に血圧が上昇することがありますので、かかりつけの先生に相談されることをお勧めします。

 

脂肪酸について

・飽和脂肪酸

 偶数飽和脂肪酸を高める食物:牛肉などで、糖尿病発症リスクを高めるとされています

 奇数飽和脂肪酸を高める食物:ヨーグルトなどの乳製品で、糖尿病発症リスクを低下させるとされています

 融点が高く、室温では固形の脂飽和脂肪酸をたくさん摂取すると、脳の神経細胞の柔軟性が落ち、神経伝達が低下するとされています

 また、動脈硬化も進行するとされています

・不飽和脂肪酸:不飽和脂肪酸をたくさん摂取すると、細胞の柔軟性が保たれます

 トランス脂肪酸

  不飽和脂肪酸の一つで、天然には牛肉や乳製品に微量に存在しているのみですが、マーガリンやショートニングなどの工業的に作る際に生成されます

  悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らし、冠動脈の病気を引き起こすとされています

 一価不飽和脂肪酸(オレイン酸などのオメガ9系)

  オリーブオイル、ベニ花油、菜種油、ナッツ類など

  善玉コレステロールを減らすことなく、悪玉コレステロールを減らす

 多価不飽和脂肪酸

  オメガ3系

   DHA;マグロ、ブリ、サバ、サンマなどに多く含まれ、血流を良くする、脳や網膜などの材料とされます

   EPA;マイワシ、マグロ、サバ、ブリなどに多く含まれ、血栓が作られにくくします

   αリノレン酸;エゴマ油、菜種油、ナッツ類などに多く含まれ、体内で精製されるEPAやDHAの材料となります

   DHAやEPAは熱で溶けやすく、火を通すと、溶け出してしまうために、理想は新鮮なお刺身で食べる事です

   火を通す場合は、弱火で煮込み、油が溶け出した汁ごと食べると良いです

   DHAやEPAの健康効果が認められているのは、あくまで魚として食べた時です

    * 魚油のサプリメントに関して、2015年のアメリカの研究では、認知機能の低下を抑制する効果は認められませんでした

   魚やナッツに多く含まれ、アレルギーや炎症、血栓を抑制して、血管を拡張させます

  オメガ6系(リノール酸など)

   マーガリンやゴマ油に多く含まれ、アレルギーや炎症を起こしやすく、血液を固める作用があります

  オメガ3系とオメガ6系はどちらも細胞膜の材料として必要であり、バランスが重要で、理想はオメガ3系1に対し、オメガ6系は4の割合とされます

投稿者: おばた内科クリニック

2018.04.01更新

中年の時の運動で認知症発症率は半分以下に!

中年の時期に1回20〜30分の運動を週2回以上行った人の認知症発症率は、運動をしていなかった人の半分以下と言われます。
その際に心がけて頂きたいのは、平衡感覚です。
平衡感覚(感覚神経)が低下していると脳血管障害や認知機能低下(物忘れ)の危険度が高いと言われているからです。
両目を開いて片足で立つ「開眼片足立ち」で20秒以上バランスをとっていることが難しかった人は、脳血管疾患がないか調べた方が良いかも知れません。

感覚神経が問題ないか調べる方法
・ふともも上げ運動による評価
 10秒ふともも上げ運動を行い、筋肉に痛みを「何も感じない」が0、「これ以上無理と感じるほど痛い」と感じたら10とした場合にどの程度痛いかを評価する方法
 0-1;認知症
 0-3;軽度認知障害
 4;境界
 5-10;健常人
・スマヌ法
 背中にス・マ・ヌのいずれかを描いてもらい、6文字中何文字正解できるかを調べる方法
 0-3個正解;軽度認知障害
 4個正解;境界
 5-6個正解;健常人

運動の理想は、毎日30分程度のウォーキングなどの有酸素運動を行い、認知機能の回復を期待し、感覚神経を鍛えるには強めの筋力トレーニングが最適と言われていますので、週に1回筋力トレーニングを行うことです。
強い筋力トレーニングは、鈍った感覚神経でも刺激を感じやすいのがポイントです。

注意点はこれまであまり運動をされなかった方が急に強い筋力トレーニングを行いますと、腱を痛めやすいためにダンベルなどは使わずに行うことと、筋力トレーニングで傷ついた筋繊維を回復させるのにトレーニングは週に1回にすることです。きちんと休むことにより、筋繊維はより強くなり、感覚神経に強い刺激を与えられるハードな運動が行えるようになります。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.04.01更新

中年の時の運動で認知症発症率は半分以下に!

中年の時期に1回20〜30分の運動を週2回以上行った人の認知症発症率は、運動をしていなかった人の半分以下と言われます。
その際に心がけて頂きたいのは、平衡感覚です。
平衡感覚(感覚神経)が低下していると脳血管障害や認知機能低下(物忘れ)の危険度が高いと言われているからです。
両目を開いて片足で立つ「開眼片足立ち」で20秒以上バランスをとっていることが難しかった人は、脳血管疾患がないか調べた方が良いかも知れません。

感覚神経が問題ないか調べる方法
・ふともも上げ運動による評価
 10秒ふともも上げ運動を行い、筋肉に痛みを「何も感じない」が0、「これ以上無理と感じるほど痛い」と感じたら10とした場合にどの程度痛いかを評価する方法
 0-1;認知症
 0-3;軽度認知障害
 4;境界
 5-10;健常人
・スマヌ法
 背中にス・マ・ヌのいずれかを描いてもらい、6文字中何文字正解できるかを調べる方法
 0-3個正解;軽度認知障害
 4個正解;境界
 5-6個正解;健常人

運動の理想は、毎日30分程度のウォーキングなどの有酸素運動を行い、認知機能の回復を期待し、感覚神経を鍛えるには強めの筋力トレーニングが最適と言われていますので、週に1回筋力トレーニングを行うことです。
強い筋力トレーニングは、鈍った感覚神経でも刺激を感じやすいのがポイントです。

注意点はこれまであまり運動をされなかった方が急に強い筋力トレーニングを行いますと、腱を痛めやすいためにダンベルなどは使わずに行うことと、筋力トレーニングで傷ついた筋繊維を回復させるのにトレーニングは週に1回にすることです。きちんと休むことにより、筋繊維はより強くなり、感覚神経に強い刺激を与えられるハードな運動が行えるようになります。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら