クリニックブログ

2018.05.20更新

麻疹とは
 Paramyxoウイルスの一つである麻疹ウイルスにより生じます。
 空気感染し、3割に肺炎や中耳炎などの合併症が出現します。
 致死率は0.1~0.2%といわれ、注意が必要です。

症状
 麻疹ウイルスに感染後、10〜12日後に発症します。
 まず38度前後の発熱やだるさ、風邪症状、目の充血が2〜4日間続き、この期間をカタル期と呼び、感染力が最も強いとされます。
 カタル期後半に口の中にコプリック斑という1mm程度の白色の斑点(写真左)が出現します。
 一旦解熱しますが、再び39度以上の高熱と全身に発疹(写真右)が出現します。
 発疹が全身に広がるまで、39〜40度の高熱が3〜4日間続き、その後回復にむかいます。

 コプリック斑 麻疹の皮膚変化

診断
 血液や尿、のどの分泌液から麻疹ウイルスを証明します。

治療
 基本は症状にあわせた対症療法となりますが、患者さんとの接触時期により下記治療が検討されます。
  患者さんとの接触から3日以内→弱毒生ワクチン
  患者さんとの接触から4日以上6日以内→免疫グロブリン製剤

麻疹と診断されたら
 ・同居家族への連絡
  特に乳児や予防接種を受けていない方、妊婦の方への連絡は必ず行って下さい。
 ・学校や職場に連絡をお願いします。
 ・解熱後3日を過ぎるまで他人との接触を避けて下さい。

ポイント
 ・感染力が強く、インフルエンザの比ではありません。
 ・発症初期は風邪と同じ症状ですが、皮膚症状が出現した場合は
  麻疹の可能性がありますので、病院を受診される前にご連絡下さい。
 ・最も大事な事は、2次感染を防ぐことです。
 ・一度感染し発症された方や2回の予防接種を終了された方は一生免疫が持続すると言われています。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.05.13更新

睡眠不足や睡眠障害は脳の敵!

 睡眠不足や睡眠障害によるデメリットとして以下のような点が上げられます

  ・脳に物忘れ(認知症)の原因とされるアミロイドβが蓄積する

  ・認知機能と関係する成長ホルモンが不足し、認知機能が低下する

  ・食欲が増大し、血圧も血糖値もあがり、コレステロールの代謝が悪化し、認知症のリスクであるメタボリックシンドロームになりやすくなってしまう

 

昼寝は脳の味方!

 30分以内の昼寝習慣がある人はアルツハイマー型認知症になりにくいとされます。

 しかし、1時間以上昼寝をしてしまう習慣があると、アルツハイマー型認知症になりやすいとされますので注意が必要です。

 

上手な昼寝法とは?

 眠る時間は20歳代は10分程度、30歳〜50歳までは20分以内、そこから少しずつ長くなりますが60歳代でも30分以内にとどめるのが良いとされます。

 短時間でしゃきっと目覚めるには、昼寝の直前に紅茶やコーヒーなどを飲むのが良いです。

 理由は、カフェインは飲んでから15分くらいして効果が出て来るからです。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.05.03更新

おばた内科クリニックの尾畑です。

クリニックの紹介動画を作成しましたので、是非ご視聴下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.05.03更新

おばた内科クリニックの尾畑です。

クリニックの紹介動画を作成しましたので、是非ご視聴下さい。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら