クリニックブログ

2018.07.29更新

糖尿病の治療は、食事療法や運動療法がまず行われます。
これらの治療で良くならない場合は、内服薬による治療やインスリンによる治療を行います。
現在の内服薬治療の第一選択薬はメトホルミン(メトグルコなど)が多くなってきています。
従来はSU薬(アマリール、ダオニール、グリミクロンなど)もよく使用されていましたが、低血糖の危険などから使用頻度が下がってきています。
今回カナダでメトホルミンによる治療を行われましたが、効果が思わしくなかった患者さんにSU薬を上乗せした場合とSU薬に切り替えた場合を比較検討した研究結果が報告されました。
結果はSU薬を使用したほうが心筋梗塞、脳血管障害、心臓血管障害による死亡、死亡および重症低血糖のリスクが増大する事が分かりました。
SU薬を上乗せした場合と切り替えた場合では、いくらか上乗せが安全でした。
糖尿病治療に限ったことではありませんが、可能な範囲で内服する薬は減らせればと思います。
食事療法や運動療法を心がけることで、現在服用している薬を減らすことが期待できますので、いつでもご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.29更新

糖尿病の治療は、食事療法や運動療法がまず行われます。
これらの治療で良くならない場合は、内服薬による治療やインスリンによる治療を行います。
現在の内服薬治療の第一選択薬はメトホルミン(メトグルコなど)が多くなってきています。
従来はSU薬(アマリール、ダオニール、グリミクロンなど)もよく使用されていましたが、低血糖の危険などから使用頻度が下がってきています。
今回カナダでメトホルミンによる治療を行われましたが、効果が思わしくなかった患者さんにSU薬を上乗せした場合とSU薬に切り替えた場合を比較検討した研究結果が報告されました。
結果はSU薬を使用したほうが心筋梗塞、脳血管障害、心臓血管障害による死亡、死亡および重症低血糖のリスクが増大する事が分かりました。
SU薬を上乗せした場合と切り替えた場合では、いくらか上乗せが安全でした。
糖尿病治療に限ったことではありませんが、可能な範囲で内服する薬は減らせればと思います。
食事療法や運動療法を心がけることで、現在服用している薬を減らすことが期待できますので、いつでもご相談下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.22更新

CVD

右手足の動かしにくさにて来院された患者さんの頭部MRIです。

特殊な撮影方法で、白い部分が脳梗塞の所見です。

暑い日は体の水分が不足するような形で、血管が詰まりやすくなることもあります。

脳梗塞は初期対応が重要な病気ですので、何か気になる場合は脳神経を専門とする医療機関を受診されることをおすすめします。

熱中症は屋外だけではなく、屋内でも発症することがありますので、可能な範囲冷房を使用されるようにされて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.22更新

CVD

右手足の動かしにくさにて来院された患者さんの頭部MRIです。

特殊な撮影方法で、白い部分が脳梗塞の所見です。

暑い日は体の水分が不足するような形で、血管が詰まりやすくなることもあります。

脳梗塞は初期対応が重要な病気ですので、何か気になる場合は脳神経を専門とする医療機関を受診されることをおすすめします。

熱中症は屋外だけではなく、屋内でも発症することがありますので、可能な範囲冷房を使用されるようにされて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.01更新

概念
 体が動かしにくくなる病気の1つです。
 特徴的な症状は無動(動作緩慢)、静止時振戦、筋強剛(固縮)、姿勢反射障害で、これらを総称して4大症状と呼びます。
 また、便秘などの自律神経症状、嗅覚を含めた感覚障害、認知・精神機能障害、睡眠 障害などの非運動症状も注目されています。
 無動(動作緩慢)
  歩こうとした時に足がすくんでしまうすくみ足、歩くと段々と早くなって止まれなくなってしまう加速歩行などがあります
 静止時振戦
  じっとしている時に手や足が震えてしまう症状で、緊張など精神的ストレスがかかると増悪してしまうことがあります
 筋強剛(固縮)
  体が固くなってしまうことです
 姿勢反射障害
  体が前かがみになったり、バランスを崩しやすくなることです

疫学
 10万人に100人~150人くらいで発症し、中高年以降に好発します。

診断
 頭部CT検査やMRI検査では明らかな異常は認められません。
 ドパミントランスポーターイメージング(DATスキャン)にて、線条体という脳組織の一部分に変化を認めます

治療
 現在の医療では、病気自体を治すことは難しく、体の動かしにくさを改善する治療が中心となります。
 内服薬による内科的な治療とリハビリテーションが中心となります。
 患者さんの状態によって、脳深部刺激治療などの外科的治療を行います。

投稿者: おばた内科クリニック

2018.07.01更新

概念
 体が動かしにくくなる病気の1つです。
 特徴的な症状は無動(動作緩慢)、静止時振戦、筋強剛(固縮)、姿勢反射障害で、これらを総称して4大症状と呼びます。
 また、便秘などの自律神経症状、嗅覚を含めた感覚障害、認知・精神機能障害、睡眠 障害などの非運動症状も注目されています。
 無動(動作緩慢)
  歩こうとした時に足がすくんでしまうすくみ足、歩くと段々と早くなって止まれなくなってしまう加速歩行などがあります
 静止時振戦
  じっとしている時に手や足が震えてしまう症状で、緊張など精神的ストレスがかかると増悪してしまうことがあります
 筋強剛(固縮)
  体が固くなってしまうことです
 姿勢反射障害
  体が前かがみになったり、バランスを崩しやすくなることです

疫学
 10万人に100人~150人くらいで発症し、中高年以降に好発します。

診断
 頭部CT検査やMRI検査では明らかな異常は認められません。
 ドパミントランスポーターイメージング(DATスキャン)にて、線条体という脳組織の一部分に変化を認めます

治療
 現在の医療では、病気自体を治すことは難しく、体の動かしにくさを改善する治療が中心となります。
 内服薬による内科的な治療とリハビリテーションが中心となります。
 患者さんの状態によって、脳深部刺激治療などの外科的治療を行います。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら