クリニックブログ

2018.11.18更新

京都大病院は、様々な細胞に変化する人のiPS細胞(人の人工多能性幹細胞)から神経細胞を作り、10月に50歳代のパーキンソン病の男性患者の脳に移植したと2018年11月9日発表しました。


保険適用を目指した臨床試験(治験)計画の一環で、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植した手術は、世界初で2年かけ安全性を検証するとのことです。

手術は、京大iPS細胞研究所が備蓄する他人のiPS細胞から、脳内の情報伝達物質ドーパミンを分泌する神経細胞のもととなる細胞を作製し、患者さんの頭蓋骨に直径12mmの穴を開け特殊な注射針で細胞を移植しました。

注意点は拒絶反応と未分化のiPS細胞が奇形腫などの腫瘍を作る可能性であり、1年間は免疫抑制剤が必要で、移植片の大きさをMRIでチェックするとのことです。

全部で7例の臨床試験(治験)を行う予定で、治療効果は手術後数ヶ月経ってから表れるとのことです。

パーキンソン病治療はリハビリテーションと薬物療法が中心で、現在はそれに加え脳深部刺激療法とデュオドーパという外科的治療があります。

外科的治療は専門施設での治療となりどこでも受ける事はできませんが、iPS細胞を用いた治療であれば最低1年間は免疫抑制剤を服用する必要や脳腫瘍のリスクがあるかもしれませんが、安全性が確認できればその後は専門施設での治療が不要となりますので従来の外科的治療に変わり得る治療と期待しています。

 

投稿者: おばた内科クリニック

2018.11.03更新

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、受動喫煙防止対策に関する話題が報道される機会が多くなってきました。

また、2018年10月1日よりタバコの値段も上がり禁煙を考えられている方もいらっしゃると思います。

新型タバコであれば、「煙が出ない、あるいは煙が見えにくいので禁煙エリアでも吸える」、「受動喫煙の危険がない」、「従来の燃焼式タバコより健康のリスクが少ない」と誤認され、急速に広がりをみせています。

ですが、新型タバコの長期にわたる調査結果がないなか、「たとえ有害物質やリスクが紙巻タバコよりも少ないとしても、健康被害は免れない」ということを忘れないでいただきたいと思います。

非燃焼・加熱式タバコ
 ・葉たばこを直接加熱し、ニコチンを含むエアロゾルを吸引する
  タイプ(商品名iOOS、glo)
 ・低音で霧化する有機溶剤からエアロゾルを発生させた後、
  タバコ粉末を通過させて、タバコ成分を吸引するタイプ
  (商品名Ploom TECH)
電子タバコ
 液体を加熱してエアロゾルを発生させて吸引するタイプ
 ニコチンを含むものとニコチンを含まないものがある
 日本では、医薬品医療機器法による規制により、ニコチンを含
 むものは販売されていない

新型タバコの成分
 電子タバコ
  発癌物質やニッケルやクロムなどの重金属は従来の紙巻たばこ
  以上に含まれている

 非燃焼・加熱式タバコ
  ニコチンや有害物質含有量は従来のタバコとほぼ同レベル

新型タバコは従来の紙巻タバコと同様にニコチンが含まれています。
ニコチンの割合が少ないとしても、一般的に喫煙者はニコチンの血中濃度が一定に達し満足感が得られるまで喫煙を続けるため、結果的に体内に摂取するニコチンの量は同じとなります。(ニコチン依存状態)

新型タバコで禁煙できるというデータは今の所なく、逆に喫煙から離れづらくなっているという調査結果があります。

まとめ
新型タバコにも、少ないながらも従来の紙巻タバコと同様のリスクが 喫煙者本人や非喫煙者にもあることを認識して頂き、禁煙をこころがけていきましょう!

 

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら