クリニックブログ

2019.08.25更新

腰の痛みはよくある症状で、多くの方が一度や二度は経験されているかと思います。腰の痛みに片側あるいは両側に痛みが広がることもあります。中には命に関わる病気が隠れていることもあるため、迅速な診断と治療が必要となることがあります。

腰の痛みは大きく分けて、急性腰痛・亜急性腰痛と慢性腰痛に分類されます。

 

急性腰痛・亜急性腰痛

 発症から4週間未満の痛みを急性腰痛、4週間以上3ヶ月未満を亜急性腰痛と言います。 急性腰痛には、感染性脊椎炎などの感染症によるものが含まれますので、注意が必要です。また、高齢者に多い圧迫骨折には多発性骨髄腫や、悪性腫瘍の骨転移なども含まれますので、注意が必要です。

  腰椎椎間関節性腰痛

   全腰痛の占める頻度として、若年者で15%、高齢者で40%以上を占め、高齢者に多い原因として、椎間板が細くなることにより、椎間関節に負担がかかることが考えられえいます。

  腰椎椎間板性腰痛

   若年者から50歳までの若い年齢層で多くみられます。椎間板内に神経はありませんが、周りの組織の損傷などにより痛みが生じます。

 

慢性腰痛

 発症から3ヶ月以上継続する場合を慢性腰痛と言います。 慢性疼痛においては、筋肉への負荷のバランスが悪くなっており、筋肉の痙攣などによって痛みが生じてきます。また、長期間の痛みによって精神的にも負担となりますと、体を動かせない事によって更に痛みが強くなることがあります。

 

腰痛の治療で大事なことは、痛みが出た時に十分な治療を行い、痛みが長く続かないようにすることです。 痛みが長期化すると慢性疼痛に移行し、治療がより難しくなってきますので、痛みが出現した場合は早期診断・治療をおすすめします。

腰椎圧迫骨折

投稿者: おばた内科クリニック

2019.08.11更新

糖尿病は血管性認知症(脳梗塞や脳出血による認知症)の危険因子のみならず、アルツハイマー型認知症との関係も指摘されています。

デンマークのBispebjerg-Frederiksberg病院のJørgen Rungby氏らは2019年6月アメリカ糖尿病学会にて、糖尿病治療薬と認知症の関係を検討し、一部の糖尿病治療薬が認知症の発症リスクを軽減させる可能性について報告しました。

研究は、2型糖尿病患者17万6250例を対象とし、糖尿病治療薬が認知症発症リスクに与える影響を検討しました。 糖尿病治療薬として、インスリン、メトホルミン、SU薬またはグリニド系薬、チアゾリジン系薬、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬、アカルボースに分類。

結果は糖尿病治療薬の使用者では、GLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬でリスクが半減。 糖尿病治療薬の使用歴がない者では、メトホルミン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬でリスクが低減していました。なお、これらの治療薬の使用量増加に伴い認知症発症のリスクは低減することが示唆されましたが、治療薬を複数用いても効果は認められませんでした。

糖尿病治療薬と認知症 Medical Tribuneより抜粋 https://medical-tribune.co.jp/news/2019/0612520413/

Rungby氏は「2型糖尿病患者において、メトホルミン、DPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害薬の使用は認知症リスクの低下と関連していた」と結論しました。

注意点は、高齢者糖尿病の特徴として、発汗・動悸・手のふるえなどの低血糖症状が目立たず、ふらふらする・動作がぎこちない・目がかすむなどの非典型的な症状が出やすいことです。2017年に報告された「高齢者糖尿病診療ガイドライン」では、重症低血糖が心配されるインスリン、SU薬またはグリニド系薬の使用がある患者さんでは、血糖コントロール目標として、認知機能が正常な方でもHbA1cは8.0%未満とし7.0%以下にならないようにする。中等度以上の認知症がある患者さんでは7.5%以下にならないように加減している事です。

現在糖尿病の診断、あるいは糖尿病予備群の診断がある患者さんで、認知症が心配としてもご自身の判断で薬は調整せずに、かかりつけの先生に相談されて下さい。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら