クリニックブログ

2020.04.26更新

食事の時に咳き込む場合は、飲み込みの機能(嚥下機能)が悪くなっているかもしれません。

気になる場合は、反復唾液嚥下テストを試されてみてはいかがでしょうか?

お一人で簡単にできるテストで、30秒間に何回飲み込みができるかをみるテストです。

飲み込みが3回未満の場合は、飲み込みの機能が落ちている可能性があります。

飲み込みの機能が落ちてしまいますと、食べ物が肺に誤って落ち込んでしまって発症する誤嚥性肺炎の危険度が上がってしまうかもしれません。

お食事前の簡単な体操で飲み込みの機能の改善が期待できますので、ぜひ試されてみて下さい。

気になられる方はぜひご相談下さい。 


専門スタッフ(言語聴覚士)と一緒にリハビリしませんか?

嚥下体操

50・60代〜「歯の教科書」より

投稿者: おばた内科クリニック

2020.04.12更新

パーキンソン病は手や足が震える(振戦)、体が動かしにくい(動作緩慢)、体が固くなる(固縮)、歩きにくく転倒してしまう(姿勢反射障害)を特徴とする病気です。

飲み薬や貼り薬などの薬による治療に加え、いかに運動するかが大事となります。

今回、パーキンソン病における歩きにくさに対する、歩くイメージについて動画を作成しましたのでパーキンソン病だけではなく、進行性核上性麻痺などほかの神経変性疾患や脳梗塞や脳出血後遺症などによる歩きにくさでお困りの方もぜひ参考にされて下さい。 

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら