クリニックブログ

2017.12.04更新

概念
 脳血管障害によって生じる認知症

疫学
 日本では老年期認知症の20-30%を占める

症状
 まだらな症状;症状が良いところと悪いところがある
 やる気の喪失、陰気、感情失禁(すぐに泣いたりする)、夜間徘徊、昼夜逆転

CT/MRI
 脳梗塞や脳出血の所見を認めます

 VDCT

治療使用薬のポイント

 1.治療は100点ではなく、60点を目指すのが良いです
 2.薬物治療としてはガランタミン(レミニール)とシロスタゾール(プレタール)が期待されます
   *ガランタミンはアルツハイマー型認知症にのみ保険適応がありますので、皆さまに使用できる分けではありません
 3.興奮した場合には、チアプリド(グラマリール)と抑肝散
 4.やる気の喪失などにもガランタミン(レミニール)は有効
 5.うつ症状、意欲の低下にはニセルゴリン(サアミオン)、アマンタジン(シンメトレル)も効果的

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら