認知症・物忘れ外来

認知症とは

認知症とは、さまざまな原因によって脳の働きが悪くなったり、脳の細胞が死んでしまったりしたために障害が起こり、生活に支障を生じている状態です。
脳には、人間の活動をコントロールする司令塔の役目があります。それがうまく働かないことによって、精神や体の動きがスムーズにいかなくなります。

認知症早期発見のポイント

ご家族や身近な方で、もの忘れが増えてきたと感じることはありませんか。
認知症のサインを見逃さず、早めに対応することで、症状を改善したり進行を遅らせたりすることができます。早期発見・早期治療が重要です。
こんな症状に気づいたら、早めに受診しましょう。

何度も同じことを言ったり聞いたりする
物の名前が出てこなくなった
だらしなくなった
洋服をうまく着られなくなった
よく知っている場所で道に迷う
ささいなことで怒りっぽくなった
置き忘れやしまい忘れが目立つ
計算の間違いが多くなった
財布を盗まれたと言う
夜中に急に起きだして騒いだ
薬の管理ができなくなった
鍋を焦がしたり、水道を閉め忘れたりする

認知症の診断と治療方法

まずは、患者さまやご家族からお話をお聞きします。
その後、触診による神経診察、簡単な認知機能評価、血液検査、頭部MRI検査などを行い、診断をさせていただきます。
診断結果にもとづいて、患者さまやご家族に最適な治療について説明し、ご了解いただいた後に治療を開始します。
また、必要に応じて、専門機関への紹介をしております。まずはご家族だけでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

VSRAD

MRI画像を使って、脳の萎縮度をみる検査【VSRAD(ブイエスラド)】によって、早期アルツハイマー型認知症診断の支援が可能です。アルツハイマー型認症をMRI画像によって診断ができるようになると早期治療につながり、結果としてアルツハイマー型認知症の進行を遅らせることが期待できます。
アルツハイマー型認知症は、もの忘れの進行とともに、記憶に関係する海馬という脳の部分が萎縮します。VSRADはこの萎縮の程度を検査します。

青色が萎縮した部分で、青色のある場所が異なる

アルツハイマー型認知症

レビィ小体型認知症

コウノメソッド

当院は「コウノメソッド」による認知症診療を取り入れています。
コウノメソッドは、患者さまだけではなく介護者さまも同時に救う処方(興奮系に作用する中核症状治療薬は少量処方、同時に抑制系薬剤も処方するなど)が特徴です。患者さまの状態に合わせて薬を適切に使用し、適宜サプリメントや点滴での治療も行います。

院長からのメッセージ

認知症は、今や誰がなってもおかしくない時代です。寿命が伸びたことによって年々増えており、65歳以上の4人にひとりが認知症とその予備軍といわれています。
早めに治療をすれば改善したり、進行を遅らせたりすることができますので、もの忘れの症状が気になりだしたら、認知症・物忘れ外来を受診し、年齢に伴うものなのか、病気に伴うものなのか調べましょう。

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら