クリニックブログ

2021.03.06更新

人生の中で80%~90%の人が経験すると言われている腰の痛み。
その内、80%の人が骨、椎間板、靭帯などに異常がなく、原因不明だと言われ、残りの20%の人には何かしらの原因があるとも考えられています。
ここでは、良く耳にする「腰椎椎間板ヘルニア」についての主な症状や治療法について紹介させて頂きます。

▼症状▼
【自覚症状】
・腰の痛み
・片側の下肢痛又は痺れ
・咳やくしゃみなどで増悪(デジェリーヌ兆候)
・下肢の筋に力が入らなくなる(つま先が上がらなくなるなど)
【他覚症状】
・疼痛性跛行(足を引きずったり、かばう様な歩き方)
・脊柱の側弯(痛みを回避しようとする為、背骨が左右に曲がること)
・膝蓋腱反射消失・反射
・神経根緊張徴候の陽性(SLRテスト・大腿神経伸張テストなど)

▼治療法▼
【保存療法】※多くの場合は3ヶ月以内に保存療法で軽減するとされています
・ブロック注射
・リハビリテーション(症状に適した)など
【手術療法】
・大きなヘルニアにより症状が強い方や排尿障害(尿閉、残尿、力みによる尿漏れ)を呈している方が対象となります

急にヘルニアになったらどうしたら良いの?
✖やってはいけないこと✖
・痛みを我慢して動くこと
・腰を揉んでもらったり、さすったりすること
・冷やしたり、温めること
など・・・

○自分でできること○
・痛みが出ない楽な姿勢を探して、できるだけ安静にする
・痛み止めのお薬等を内服し、しっかりと栄養、休養をとる
・楽な姿勢でゆっくり腹式呼吸をする
 鼻から息を吸ってお腹をふくらませ、口から息を吐いてお腹をへこませる
・寝る時以外はなるべく目をつむらず、テレビやスマートフォンなどを見て気分転換をする
など・・・

▼その他の注意点!▼
・どうしても力を入れないといけない場合は、息を口から吐きながら力を入れる
・荷物を持たないといけない場合は、脇を閉めてお腹に近づける

実際にはどの様なリハビリをするの?
※リハビリの内容に関しては、症状によって様々です。
状態や時期によって、やって良い事、悪い事があります。
担当理学療法士、又は作業療法士に身体の評価、そして各個人に合ったメニューを組んでもらうのがベストです。
おばた内科クリニックにおいても腰椎椎間板ヘニルアに対するリハビリテーションを行っていますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
※また、必ずドクターからの了承を得て行って下さい。

急性期のリハビリテーション
1.ポジショニング指導(寝る時など)
2.ADL指導(生活での注意点等の確認)
3.呼吸(腹式呼吸、胸式呼吸)
4.リラクセーション(やり方は症状によって異なります)
など

術前のリハビリテーション
基本的に手術=状態が悪い、症状が強いという方が多いです。症状が落ち着いた状態で、手術を受ける方が予後が良いと言われています。
担当セラピストにより各個人、状態に合ったリハビリメニューを組んでもらいましょう。

術後のリハビリテーション
リハビリに関しては、手術の種類によって異なります。
また、生活での注意点、禁忌肢位も変わってきますので必ずドクターの指示を守って下さい。

おばた内科クリニックでは腰の痛みについて、患者さんとの病歴聴取に加え、診察と腰のMRIによる精密検査を行い、患者さんにあった内服治療をリハビリテーションによる保存的治療を行わせて頂きます。保存的治療で改善が難しい場合は、外科的治療について大学病院などと連携を取らせていただいています。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら