クリニックブログ

2020.09.20更新

 

認知症とは、一度正常に達した認知機能が後天的な脳の障害によって持続性に低下し、日常生活や社会生活に支障をきたすようになった状態を言います。
軽度認知機能障害(MCI)とは認知症の前段階とされますが、肥満や糖尿病などの生活習慣病について生活習慣を改めることにより、認知症の発症を防ぐことも可能と言われています。
おばた内科クリニックでは認知症予防や治療に効果が期待されるサプリメントの1つであるフェルガードを使用しています。
フェルガード100Mは認知症予防学会より認定されたサプリメントですが、今回軽度認知機能障害に対するフェルガード100Mの予防効果が発表(出典)されましたので、ご報告させて頂きます。

堀らは軽度認知機能障害に対するフェルガードの効果について偽薬との比較について検討しました。
56人を対象にフェルガード群(アクティブ群)と偽薬群(プラセボ群)に無作為に振り分けし、最終的に40人のデータを解析。
評価項目として、24週間後と48週間後のMini-Mental State Examination (MMSE)とAlzheimer‘s Disease Assessment Scale-cognitive component-Japanese version(ADAS-jcog)を用いて検討を行いました。
MMSEとは30点満点の認知機能をみる検査の1つで、23点以下が認知症疑い、27点以下が軽度認知機能障害疑いとされます。
ADAS-jcogとはアルツハイマー型認知症などの認知機能の変化を評価する検査で、抗認知症薬の治療効果を評価する際にも用いられます。70点満点で、得点が高いほど認知機能障害が強いことが示されます。

フェルガード郡において、MMSEでは24週目(P=0.041)で有意に改善し、MMRM解析においても有意に改善(p=0.016)を認めました。
ADS-jcogにおいても24週目(p=0.015)と48週目(p=0.015)で有意に改善を認め、MMRM解析においても同様に有意に改善(p=0.031)を認めました。
MMRM:反復測定による混合効果モデル(mixed effect model for repeated measures;MMRM)
フェルガードの効果 

*C)はMMRM解析

フェルガード100Mの主成分はフェルラ酸とガーデンゼリカで、フェルラ酸はアルツハイマー型認知症発症に関わるとされるアミロイドβというタンパク質の一種を抑制し、ガーデンアンゼリカは、抗酸化作用や抗炎症作用に加え、細胞死(アポトーシス)などアルツハイマー型認知症の様々な病態メカニズムの軽減が期待されます。

軽度認知機能障害から認知症あるいはアルツハイマー型認知症への移行率は年間10〜15%とされていますが、フェルガードによる軽度認知機能障害から認知症への移行を遅延させる効果として8.35%であったという報告もあり(参考文献)、今後もさらなる研究が必要ですが認知症発症予防として生活習慣病対策に加えフェルガード100Mなどのサプリメント使用を選択することも良いと考えます。

出典
Effects of Ferulic Acid and Angelica archangelica Extract (Feru-guard ®) on Mild Cognitive Impairment: A Multicenter, Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Prospective Trial
Journal of Alzheimer's Disease Reports, vol. 4, no. 1, pp. 393-398, 2020

https://content.iospress.com/articles/journal-of-alzheimers-disease-reports/adr200211#adr-4-adr200211-t001

参考文献
軽度認知障害へのフェルラ酸・ガーデンアンゼリカ摂取についての予備的研究-軽度認知障害から認知症への移行を遅延させる効果-
KIMURA Takemi
新薬と臨床63(11)1848-1855

投稿者: おばた内科クリニック

2020.08.29更新

パーキンソン病は体が動かしにくくなる病気の一つで、特徴的な症状は体の動きが緩徐になる無動、手や足が震える振戦、体が固くなる固縮、バランスが取りにくくなる姿勢反射障害で、これらを総称して4大症状と呼びます。

原因として、黒質などの脳内の神経細胞が減少することにより、神経伝達物質の1つであるドパミンが減ることが考えられています。

パーキンソン病の治療の中心は薬による治療とリハビリテーションに加え、外科的治療である脳深部刺激療法とデュオドーパがあります。
しかしこれらの治療はパーキンソン病の根本的な治療ではなく、症状を緩和させることが中心の治療です。
これに対し根本的な治療として期待されているのが、iPS細胞を用いた治療と遺伝子治療があります。
iPS細胞を用いた治療については京都大学などですでに治験が始まっています。

今回、アメリカカルフォニア大学サンディエゴ校のXiang-Dong Fu氏らはマウスの実験ではありますが、「PTB」というRNA結合タンパク質に注目した報告を2020年6月Natureに報告しました。

PTBは細胞内の遺伝子のスイッチのオンとオフに関係するタンパク質で、PTBの働きを抑える実験にて、脳内に存在する支持細胞という細胞が、ドパミンを作る細胞に変わったことを発見し、パーキンソン病でみられるような運動障害が改善したと報告しています。

この、特定の種類の細胞が別の細胞に変わることを分化転換と呼びますが、障害のある細胞を他の細胞に変えることにより機能が回復するというこの技術が確率されればパーキンソン病だけではなく、脊髄損傷など他の病気の治療にも役立つことが期待されます。

現在はマウス実験レベルで、これからの人の治療に用いることが出来るかは、多くの研究と安全性の確認が必要となりますが、根本的な治療法の可能性が少しでも広がることを期待します。

おばた内科クリニックは、パーキンソン病や認知症などの脳神経疾患を専門に力を入れて診療行っています。
糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病含めこれからも定期的に情報発信させて頂きますので、今後ともよろしくお願いいたします。

原著論文
Reversing a model of Parkinson’s disease with in situ converted nigral neurons
Nature volume 582, pages550–556(2020)
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2388-4

投稿者: おばた内科クリニック

2020.08.16更新

Klodian DhanaらはChicago Health and Aging Project (以下CHAP、参加者1,845人)とRush Memory and Aging Project (以下MAP、参加者920人)のデータを用いて、健康的な生活習慣とアルツハイマー型認知症のリスクについて検討を行い、4〜5個の生活習慣を持つ参加者では60%アルツハイマー病のリスクが低かったことをNeurologyに報告した。

方法
生活習慣として
・禁煙
・150分/週以上の中等度/重度の身体活動
・軽度から中等度のアルコール摂取
  アルコールと認知症
 厚生労働省(e-ヘルスネット、アルコールと認知症より)から1週間で1〜6本(1本350mlのビール相当)程度の飲酒量であれば認知症の危険性が最も低いという報告があります。
 *認知症の危険性とは、飲酒しない人が認知症になる危険性を1とした場合に、各飲酒量でどの程度認知症の危険性が増減するかということを示します。
・高品質の地中海食(DASH)
 地中海食の特徴として
  ①果物や野菜が豊富、
  ②乳製品や肉よりも魚が多い、
  ③オリーブオイルやナッツなど未精製の穀物を多く使う、
  ④食事と一緒に適量の赤ワインを飲む
・高齢者向けの認知活動への参加
 読書やゲーム、新しい技能や趣味を学ぶなど、常に頭を働かせる

これまでの生活習慣を急に変えることは難しいかもしれませんが、可能な範囲で生活習慣を組み合わせることで、アルツハイマー型認知症の発症を抑える事が期待されますので、ぜひ心がけてみてはいかがでしょうか?

・Healthy lifestyle and the risk of Alzheimer dementia

 https://n.neurology.org/content/early/2020/06/16/WNL.0000000000009816
・e-ヘルスネット(厚生労働省)アルコールと認知症

 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/alcohol/a-01-007.html

・健康長寿ネット、地中海食の特徴 

 https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/shokuhin-seibun/chichukaishoku-tokucho.html

投稿者: おばた内科クリニック

2020.08.02更新

当院では、日頃より感染対策を行っていましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ、これまでの感染対策に赤色部分を加えて行わせて頂くこととしましたので、ご報告させて頂きます。
安心して当院に受診して頂けるよう、様々な対策を行っていきます。
何卒皆様のご理解と御協力のほど、よろしくお願いいたします。

*当クリニックでは新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)は行っておりません。

手指衛生と標準予防策
 ・手洗いやアルコールによる手指消毒
 ・マスクの常時使用

呼吸器衛生・咳ケット・呼吸器感染対策
 ・啓発用ポスターの掲示
 ・待合室、診察室、リハビリ室の空調と開窓による換気
 ・かぜ症状のある患者さんの空間的・時間的隔離
   来院時間の調整と裏口よりご案内させて頂き、待合室でかぜ症状のある方と一緒にならないように診療させて頂きます

清掃・環境整備
 ・受付カウンターにビニールシートの設置
 ・キャッシュレス決済の導入
 ・ドアノブやベッドなど手がよく触れる部位のアルコール消毒
 ・患者さん毎の診察・リハビリ終了後のアルコール消毒
 ・待合室の本・雑誌の撤去
 ・清掃時の手袋装着
 ・患者さん用、職員用ともに紙タオルを使用し共用を避ける
 ・院内に加湿器・空気清浄機を設置
 ・送迎にて使用する車の消毒
   車両用クレベリン(二酸化塩素ガス)による消毒の追加
 ・感染症対策の院内研修

投稿者: おばた内科クリニック

2020.07.19更新

おばた内科クリニックでは、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害による手足がうまく動かせない症状(麻痺)を改善させるために、随意運動介助機能的電気刺激(Integrated Volitional control Electrical Stimulation:IVES)を用いたリハビリテーションを行っています。
もう良くならないと諦めずに、ぜひご相談下さい。

手足を動かそうとするとき、脳から神経を通して筋肉に運動指令が伝わり、筋肉が収縮して手足が動きます。
筋肉が動くときには微弱な筋活動電位が発生しますが、IVESはその微弱な筋活動電位を読み取り、目標とする筋肉に電気信号を送ることにより筋肉の動きを助けますので、一般的なリハビリテーションで効果が認められなかった患者さんでも手足の動きが改善する可能性があります。

脳卒中ガイドライン2015において、脳血管障害などの中枢神経疾患の麻痺に対する治療的電気刺激(therapeutic electrical stimulation:TES)による随意運動(自ら動かそうと思った運動)の促通や痙性の抑制などは、脊髄内の中枢神経の可逆性によって生じ得ることが報告されており、中等度の麻痺筋に対して使用が勧められています。(グレードB)

IVESから得られる効果
・筋力低下の予防や改善
・手足の麻痺症状の改善(脳の可塑性)
・運動学習
・脳神経ネットワークの再構築

IVESが利用出来ない方
・ペースメーカーなど体内植込型の医療機器を使用している方
・強い感覚障害がある方
・コントロールが出来ていないてんかんのある方

促通:神経系または神経筋の接合部に複数の刺激を加える事により、その効果が単独の効果よりも大きくなる現象のこと
痙性:脳や脊髄など中枢神経の障害のために、手足が突っ張ったようになり、手足がうまく動かせいない状態

IVES1

IVES2

IVES3

*OG技研株式会社ホームページより 

投稿者: おばた内科クリニック

2020.07.05更新

ノボ ノルディスク ファーマは、週1回投与のinsulin icodec*が1日1回投与のインスリングラルギンU100と同程度の有効性と安全性を示したことを6月15日報道発表し、その内容を第80回米国糖尿病学会で発表しました。
*insulin icodec:開発中の半減期196時間の作用が長時間持続するbasalインスリンアナログ

糖尿病は血糖を下げるインスリンがうまく使えない、十分に分泌されないことにより発症し、目・腎臓・神経などの3大合併症に加え心筋梗塞や脳梗塞などの脳血管障害の危険因子となるため積極的な治療が必要な疾患です。
まずは食事療法や運動療法で治療を行いますが、改善が乏しい場合は内服薬治療となりますが、改善が乏しい場合はインスリン注射による治療が必要となります。

インスリン注射は大きく、食事の際に上昇する血糖を下げる追加分泌を補うインスリン注射、1日に必要な基礎分泌を補うインスリン注射、追加分泌と基礎分泌の両方を補うインスリン注射の3つに分けられますので、患者さんによっては1日に複数回注射が必要となる事があります。

今回の報道発表は開発段階ですので、実際に使用できるようになるにはまだ時間がかかりますが、注射の負担が少しでも減るのは良いと思います。
特に血糖を下げる薬を服用され、血糖コントロールがうまくいっていない自身でインスリン注射が難しい方に週に1回病院に受診して頂く事により、血糖コントロールが良くなり、内服薬をやめることも期待されます。

試験の詳細
DPP-4阻害薬の併用または非併用下でメトホルミンによって十分にコントロールされていないインスリン治療歴のない成人2型糖尿病患者247名を対象。
主要評価項目は投与26週間後までのHbA1cの変化。
insulin icodec投与群とインスリン グラルギンU100投与群の効果は-1.33%と-1.15%で同程度(p=0.08)。
安全性について、低血糖は両投与群同程度で安全性の問題は認められなかった。

Rosenstock J, Kjærsgaard MIS, Møller DV, et al. Once-Weekly Basal Insulin Icodec Offers Comparable Efficacy and Safety vs Once-Daily Insulin Glargine U100 in Insulin Naïve Patients with T2D Inadequately Controlled on OADs. Abstract 238-OR. Presented at the 80th Scientific Sessions of the Virtual American Diabetes Association Annual Meeting, Insulin Therapies, 18:15 CDT on 14 June 2020.

インスリン注射

投稿者: おばた内科クリニック

2020.06.27更新

*当クリニックでは新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)は行っておりません。

加藤勝信厚生労働大臣は、2020年6月19日の会見で「唾液を使った新型コロナウイルス抗原検査についての検査試薬が承認された」ことを明らかにしました。

従来の抗原検査では鼻の粘膜から検体採取が必要なため、検体採取時に感染のリスクがありましたが、唾液で検査が可能になれば大幅に感染のリスクを減らす事が可能です。

先日、発症から2〜9日以内であれば抗原検査であっても新型コロナウイルス感染症の診断が可能となりましたので、診断の選択肢が増えたことは早期介入により重症化を防ぐことや感染拡大を防ぐことに繋がえると考えます。

特にPCR検査では検査に1〜5時間かかりますが、抗原検査は30分と短時間で結果がでますので、発症から早期の場合は積極的に利用できればと考えます。

注意点は、鼻の粘膜から検体採取する抗原検査であれば専用の機器が不要ですが、唾液を検体として使用する場合は「ルミパルスG1200」および「ルミパルスG600Ⅱ」という専用の機器が必要であり、現在使用できる機器が約800台であることです。

新型コロナウイルス感染症の第2波あるいは、インフルエンザ感染症が多くなる冬の前に治療薬が揃うことを期待します。

*唾液を使用した抗原検査の試薬は「ルミパルスSARS-CoV-2 Ag」で、鼻の粘膜から採取した検体を使用する試薬は「エスプラインSARS-CoV-2」で異なります。 

唾液:抗原検査

投稿者: おばた内科クリニック

2020.06.19更新

発症から2〜9日以内であれば、新型コロナウイルス感染症の診断が抗原検査で可能になりました。

*おばた内科クリニックでは新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)は行っておりません。

新型コロナウイルス感染症の診断についてはPCR検査、抗原検査、抗体検査の3種類があります。
抗体検査については今後の情報が必要となり、現在保険で認められている検査はPCR検査と抗原検査の2種類です。
PCR検査は検出感度が高いですが、判定に1〜5時間必要で、専用の機器が必要という難点があります。
一方抗原検査は30分ほどの短時間で検査可能ですが、これまでPCR検査と比較すると精度が落ちるとのことで、抗原検査が陰性(新型コロナ感染ウイルスではない)であった場合は、追加でPCR検査が必要でした。
ですが、発症から2〜9日以内であればウイルス量が多く、PCR検査と一致率が高い研究報告から厚生労働省は6月16日関係ガイドラインの改定を行い、「新型コロナウイルス感染症を疑う症状発症後2日目から9日目以内の者(発症日を1日目とする)については、本キットで陰性となった場合は追加の検査を必須とはしない」との通達を出しました。
抗原検査は、鼻咽頭拭い液を検体に用いるため、検体採取時には十分な感染対策が必要ですが、早期診断が可能となることは非常に意味があることと考えます。

エスプライン® SARS-CoV-2富士レビオ エスプライン® SARS-CoV-2

投稿者: おばた内科クリニック

2020.06.06更新


*おばた内科クリニックでは新型コロナウイルス感染症の検査(PCR検査、抗原検査、抗体検査)は行っておりません。

非常事態宣言は解除されましたが、ワクチンや治療薬が開発段階である現状、第2波へ備える必要があると考えます。
その為には3密を避ける、マスクや手洗いなどこれまでと同じように感染対策を続ける事が大事です。
ですが、どのように対策を心がけても感染を確実に防ぐ事は困難で、発熱や咳などの症状が出た時に従来の風邪などの感染症であるのか、新型コロナウイルス感染症であるのかを早期に診断することができれば、感染拡大を防ぐ事が期待できます。
これまでは鼻の奥を拭って検体を採取するPCR検査が行われていましたが、5月13日に抗原検査、6月2日より唾液を用いたPCR検査も可能となりました。
また、保険適応外ですが感染の有無を調べる抗体検査も可能となり、これらの検査方法をいかに効率良く用いるかが大事になりますので、まとめさせて頂きます。

PCR検査
患者さんの鼻の奥を拭って検体を採取し、新型コロナウイルスに含まれる特定の遺伝子を調べる方法。
検出感度は高いが、検査には1〜5時間と時間がかかること、専用の器材、検査費用がかかる、検体採取の際に感染のリスクがあるという課題があります。
*検体採取の感染のリスクは唾液を用いた検査が可能となりましたので、これから感染のリスクは低くなると考えます。

抗原検査
新型コロナウイルスに特徴的なタンパク質(抗原)を調べる方法。
約30分で判定が可能で、専用の器材は不要であるが、鼻の奥を拭って検体を採取する必要があるため検体採取の際に感染のリスクがある。
PCR検査と比べると精度が落ちるため、検査が問題なかった場合PCR検査が追加で必要となる。
また、一定のウイルス量が必要となるため、感染者の濃厚接触者であっても、無症状であった場合には抗原検査は推奨されない。
検査キットの供給が十分となるまでは、感染者数の多い地域の「帰国者・接触者外来」や特定機能病院などから供給が開始される予定

抗体検査
感染した後に体内で作られるタンパク質(抗体)を調べる方法で、感染歴が分かる。
血液を採取して調べる方法で感染のリスクは低く、簡易キットを用いれば約20分で判定できるが、PCR検査や抗原検査と比べると未知な部分があり、保険適応外。
東京や大阪などを対象に、約1万人規模の抗体検査が6月に実施される予定。

フロー

2020年5月25日『新型コロナウイルス感染症に対する検査の考え方』から抜粋
感度:病気がある群での検査の陽性率
特異度:病気がない群での検査の陰性率

投稿者: おばた内科クリニック

2020.05.24更新

転倒すると10%で骨折や脱臼、捻挫などを起こすとされます。
骨折による寝たきりを防ぐためにも、転倒予防が大事です。
転倒の危険因子に当てはまる場合は、ぜひ予防を心がけましょう!

転倒の危険因子
 歩行・バランス障害
  歩く速さが0.6m/秒以下 
   100m歩くのに3分近くかかってしまう。
  Timed Up and Go testで12秒以上かかってしまう
   *椅子に座り立ち上がって3m歩き、椅子にまた座るまでの時間
  The 4-Stage Balance Testで②が達成できない

The 4-Stage Balance Test
   10秒続ける事ができなければ終了します
   ①まず両足をそろえて立ちます
   ②この形から足の大きさの半分、片足だけ前に出します
   ③次に片足の爪先を反対側の踵に付けます
   ④片足立ち
 視力が0.25以下
 認知症がある
 安定剤、睡眠剤、ループ利尿薬を服用している

転倒予防対策 
 散歩や筋肉トレーニングに加えバランス訓練を行う
  バランス訓練:下記を1日に10~15回繰り返す。
  1)椅子の後ろに立ち片手で背もたれをつかみ片足で10秒間立つ
  2)慣れたら背もたれは指1本でタッチする
  *散歩や筋肉トレーニングだけではバランスの改善が難しいです
 視力や骨の密度の検査行う

片足立ち
Prevention of Falls in Community-Dwelling Older Adults.
Ganz DA、Latham NK
N Engl J Med.2020 Feb 20;382(8):734-743 より作成

投稿者: おばた内科クリニック

前へ

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら