クリニックブログ

2020.12.27更新

新型コロナウイルス感染症の拡大が心配されるなか、ワクチンに対する期待が高まっています。
日本においても、Pfizer(ファイザー)社とBioNTech(バイオンテック)社による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン「BNT162b2」について、12月18日厚生労働省に日本における使用承認の申請が行われ、早ければ来年の2月には使用できるかもしれません。

ですが、実際に使用するにあったっては、ワクチン開発まで従来のワクチンと比べ開発期間が短いため、有効性や安全性が気になるところ思います。

The new england journal of medicine のオンライン版にて、Pfizer社とBioNTech社による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン「BNT162b2」の第3相試験結果が報告されました。

試験は、16歳以上の健康な男女43,448人を対象とし、ワクチン投与群21,720人と非ワクチン群21,728人に分け、21日間隔で2回投与行いその有効性や安全性について検討を行いました。
このワクチンは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のfull-lengthスパイクタンパク質をコードする脂質ナノ粒子製剤・修飾ヌクレオシドmRNAワクチンです。
mRNAワクチンとは、ウイルスの遺伝子情報に基づいてワクチンを作成する遺伝子ワクチンの一つで、他にウイルスベクターワクチン、DNAワクチンがあります。

有効性
新型コロナウイルス感染症発症は、ワクチン投与群8人に対し、非ワクチン投与群は162人で、有効率は95%でした。
年齢や性別、人種、基礎疾患などを含めた検討でも、概ね一致していました。

ワクチン

副作用
注射部位の痛み、倦怠感、頭痛が中心でしたが、非ワクチン投与群と差はあまり認められませんでした。

従来のワクチンはウイルスなどの病原体の毒性を弱める、あるいは病原性を出さないようにして作られ、病原体に対する危険を完全に払拭することが出来ず、時間と製造費用がかかるという問題がありました。
今回開発されたmRNAワクチンはウイルスの遺伝子情報から作成され、1年ほどで実用化されました。
変異した新型コロナウイルス感染症にも有効化かは不明ですが、感染拡大が広がっている現在においては、さらなる感染拡大を予防する一つの手段として来年の2月に使用ができるようになればと思います。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33301246/

投稿者: おばた内科クリニック

2020.12.06更新

健康診断で糖尿病や高血圧、高脂血症を指摘されたことはありませんか?

これらのいわゆる生活習慣病は脂肪肝の原因となりますが、日本における健康診断を受診された方を対象とした研究では30%前後に非アルコール性脂肪性肝疾患が認められたと報告されています。

脂肪肝は肝硬変や肝細胞癌を引き起こすことがあり、注意が必要です。

肝細胞癌の1000人あたりの年間の発癌率は、非アルコール性脂肪性肝疾患では0.44人ですが、非アルコール性脂肪肝炎となりますと5.29人と高くなり、肝硬変まで悪化しますと0.45〜22.6人まで上昇してしまいます。

もし健康診断で糖尿病や高血圧、高脂血症を指摘されたことがありましたら、お腹のエコー検査(腹部エコー)を受けられることをおすすめします。
また、前回の検査から時間が経過している方も再検査をおすすめします。

腹部エコー検査

脂肪肝

左図が脂肪肝のエコーですが、脂肪が肝臓に沈着することにより、右図の正常の方と比べると肝臓が全体的に白っぽく写っています

腹部エコー検査で脂肪肝が確認されましたら、肝臓の線維化の評価を行いますが、評価としてはFIB-4 indexを用います。
これは年齢×AST/血小板数×√ALTから求めることができ、1.3以下(70歳以上では2.0未満)であれば問題ありません。しかしそれよりも高い数値、特に2.67以上となりましたら、肝臓を専門とされる施設での精密検査が必要となります。

非アルコール性脂肪性肝疾患は肥満や糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病やアルコールとの関連が考えられているため、これらの予防や治療が重要です。

治療の基本は食事と運動を心がけることで改善が期待できます。
アルコール摂取量の上限はエタノール換算男性30g/日、女性20g/日とされています。
計算式は「アルコール度数(%)×アルコール量(mL)×アルコール比重(0.8)」です。
例えばアルコール度数5%のビール500mlですと、0.05×500×0.8=20となりますので、女性であれば500mlのビール1本が上限となります。

生活習慣病や脂肪性肝疾患は自覚症状としては何もありませんが、放置しますと心臓や脳の血管障害のみならず、肝細胞癌などの重篤な疾患の原因となりえますので、日頃の健康に対する心がけをお願い致します。

*線維化とは?
肝臓に障害が起きますと、一部の肝細胞は死んでしまいますが、周りの肝細胞が付着することで肝臓は再生していき、時間の経過とともに完全に回復します。しかし、障害が続きますと完全な回復が追いつかなくなり、組織が固くなっていまい、この固くなることを線維化と呼びます。
硬い部分は肝臓としての機能を果たすことができずに、その範囲が広くなりますと肝臓の機能が低下してしまいます。
この状態を肝硬変と呼びますが、肝硬変は肝細胞癌の発症の要因となってしまうため、いかに肝硬変まで悪化しないようにするかが重要となります。

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら