クリニックブログ

2021.10.24更新

✩パーキンソン病の3つの歩行特徴✩
1 すくみ足歩行
・歩き始めの一歩が出にくい
・目的地に近づくと足が出にくくなる
2 小刻み歩行
・歩幅が極端に小さくなり、歩行が小刻みになる
3 突進歩行
・歩行のスピードがだんだんと上がって止まれなくなります

✩歩行時の注意点✩
・しっかりと背中を伸ばして顔を上げましょう
・右足か左足か先に出す足を決めましょう
・歩き始めに「いち、に、いち、に」と声を出すようにしてリズムをつけましょう
・歩く際は歩幅を大きくとり、腕を大きく振りながら歩きましょう
・曲がるときは大きく曲がるように意識しましょう
・ゆっくり呼吸をしながら落ち着いて歩きましょう

◎自宅で気軽にできるリハビリをご紹介します!!
寝たままできるリハビリ
①あおむけに寝て片方の膝を抱えましょう。
 次に反対側の膝を抱えましょう。
 呼吸をしながらしましょう。
 →歩幅が大きくなります!

 

②あおむけに寝て、両膝を軽く曲げます。
 両手を合わせてバンザイをしましょう。
 20回×3セット
 →背筋が伸びやすくなります

 

③あおむけに寝て、両膝を軽く曲げます。
 両膝を左右にゆっくりと倒しましょう。
 20回×3セット
 →体をひねる事により足が出しやすくなります

 

座ってできるリハビリ
①ベッドに浅く腰掛けます
 骨盤を前後に動かしましょう
 20回×3セット
 →背筋が伸びやすくなります

 

②骨盤を左右に動かしましょう
 ※肩の高さを水平に維持しましょう
 20回×3セット
 →歩くときに一歩が出やすくなります

 

③両手を合わせて、前方に手を伸ばしましょう。
 背中を伸ばしたまま行いましょう
 20回×3セット
 →重心を前にかけることにより歩きやすくなります

 

◎おばた内科クリニックでは上記運動以外にも、各個人に合った運動を提供しています。
 まずはお気軽にスタッフにお声かけください!!

投稿者: おばた内科クリニック

何でも相談できる身近なかかりつけ医です

総合内科専門医として幅広い診療科目に対応しています。検査、治療、リハビリまで一貫した医療を提供していますので気になる 症状や病気のこと、お困りのことがあればまずはご相談ください。

  • お気軽にお問い合わせ下さい 092-874-5630sp_inq_tel_pc.png
  • 24時間受付WEB予約24時間受付WEB予約
空き状況確認予約はこちら